辞める準備

今日も体調が優れなかったので1日休養に充てた。とは言えDが休日なのに仕事をしているので通常の家事はついて回る。主婦に休みはない。特に自営業の場合、、、年中無休。

わたしは半年前に正社員になって、有給休暇を楽しみにしていたが、いざ取得の段階になるとこれがそう簡単に取れそうもないことが分かってきて、近頃ではすっかりやる気を失っている。

今の仕事は面白い。しかし、はっきり言って薄給で、有給休暇も満足に取らせて貰えないようなブラックな会社だ。

息子にそんな悩みを相談したら、お母さんの年齢じゃあもう今より条件のいいところなんてないよとバッサリ切り捨てられたけれど。

しかし、有給休暇もまともに取らせて貰えない職場に居続けるぐらいならば、パートでもいいんじゃないかと思った。

元々ボーナスもないのだから、契約社員とほとんど変わらないではないか。

経理のお姉さんに、来月有給を?と言ったら、あ?半休取るの?と。なんで半休がデフォなのよ。

Tさんは、コロナ前はどのくらいの頻度で海外旅行してたの?と聞かれたので、毎年1回は行っていて、多い時は3回ぐらいの時もありました。と答えたら、、、でもこれからは行けなくなるわね。と平然と返された。

有給休暇は会社で働く人たちの当然の権利なのに、いちいち取らせていただくみたいな体質にどうも納得がいかない。

本当に辞めたいと思い始めた。

でも辞めるにしても出来るだけ自分に有利なタイミングで辞めないと損をするので、少し気が早いが、これから少しずつ情報収集をしようかな?と。

ということで、ちょっと公的機関の相談窓口に電話してみた。電話に出て下さった方は懇切丁寧にいろいろと教えて下さった。

以前、障害者のグループホームで働いていた時も、相談したことがあったが、具体的にどうという解決策が見つかるわけではないが、相談員さんに今の状況を説明するという行為自体が自分の頭を整理するのに役立つらしい。

相談員さんと話している間に段々と元気になってきた。励まされたとかそういうことではないのだが、辞める準備を始めようと思っただけでも一歩踏み出したような気持ちになれたから。

息子に言われなくても、現実が厳しいことぐらい分かっている。しかし、自分の身の振り方を相談出来るくらいに息子が成長している現状で、わたしはどうしても働かなければいけないような状況でもない。

たくさんは稼げないかもしれないけれど、今までのように自由気ままな働き方をしたとしても自分の小遣いが減るだけだからどーってことない。

少なくとも今年はまだコロナ禍の影響で海外旅行は無理だろう。しかし、来年ともなれば流石に状況は変わってくるに違いない。

どうせ海外に行けないなら、それほど有給休暇も必要ないから、働いていればいいけれど、また以前のように自由に渡航出来るようになったら、辞めるってのもいいかなと。

わたしは会社に養われているわけじゃない。自分自身の身の振り方は自分で決めるし、社員を大切しない会社の都合なんてクソ喰らえだと思う。

いつかわたしが会社辞めますと言って驚くみんなの顔を見るのを楽しみに着々と準備をするのも悪くない。

そうしている間にもしわたしの目論見が祝福されているとしたらコトは順調に運ぶだろうし、そうでないならまた違う展開が見えてくるかもしれない。

わたしは旅人。そして旅にはハプニングがつきもので、、、というかそのハプニングをものともせず愉しむのが旅人だと思う。

おそらく今の会社にいる人たちは会社に縛られどこにも行かないから、わたしを単なる遊び人の類いと思っているに違いない。

でも旅人はそれほど甘くないんだな。実は。

今、この会社で働いているわたしは世を偲ぶ仮の姿で、実は怖いものなんて何もない、何者でもない旅人なわたしなんだわ。

なんだかこれから始まる旅のプランニングに取り掛かる前のようなワクワクした気分になってきた♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました