ドラマの見方

火曜日は『青のSP』

やはり藤原竜也は上手い。ヒロイン設定?の真木よう子が完全にミスキャストなのが残念だが、それを補って余りあるものがある。

それにしてもこの学校、問題ありすぎでしょう。1話目で外部から暴漢が構内に入り込んでナイフを振り回すし、2話目では、無免許教師が教壇にたっているとか。

3年生の担任を受け持つ教師(山口紗弥加)がマタハラをうけ、いきなり学校に現れたモンペに平手打ちされたり、、、いくらなんでもないだろう。

しかしこの際、こんな学校があるかないかというのは考えても面白くない。

それより、生徒に寄り添うと言いながら、簡単に生徒を疑う教師や、SPが公園の看板をバットで壊してしまうとか、、、ストーリーの至るところにツッコミどころ満載なのが逆に面白いのかなーなんて。

昨日は共感について書いたが、今日はそれとは逆の話を書いているのかもしれない。

あ、朝顔もツッコんでたか。あはは。

うーん、わかるわかるもいいけれど、えーそりゃあないでしょと愚痴を言いながら見るのも楽しい。

ドラマの見方に、これといったお作法があるわけでもないから、観る人が好きにすればいいことなんだけれど、時には共感を持って、また時には否定的であったり、さまざまな角度から観るっていうのも面白いかと思う。

明日は、相棒。

今ドラマに求められている役割も、マンネリ化しがちな日常にちょっとした変化をもたらすメッセージを発信することなのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました