スポンサーリンク

和田家の最終回

今週は忙しかった。とはいえ病み上がり&右手人差し指の傷のこともあり、最低限の家事しか出来ないポンコツ主婦なのだが。

いま何に忙しいかといえば、たまりにたまったビデオを消化することだ。

わたしって好き嫌いが激しくて、実は米倉涼子をあまり好きではない。

でもドクターXの大門未知子のキャラは好きなのでシリーズが始まるたびにとりあえず録画するのだが、元々得意でない女優のドラマなのでついつい他のドラマを先に見てしまって最初の2話ぐらいまでしか進んでいなかった。

でもとうとうネタも尽きてきたので最近やっと話が進み始めたところ。

そして今度はそのおかげで昨日の和田家の男たちの最終回の視聴に遅れが生じていた。

だがとうとう先ほど無事最終回を見終えるに至ったのである。

このドラマ、、、〇〇とハサミは使いようといった諺を久しぶりに思い出させてくれた作品となった。

ファンの方には本当に申し訳ないが、いままでの相葉雅紀って演技もイマイチ、唄も?で、紅白の司会もグダグダであまりいいところがなかった。

しかし今回この相葉くんが演じた和田優という役柄は、彼の不器用さを逆手に取ったようなキャラ設定。併せて脇を固める和田寛(段田安則)、和田秀平(佐々木蔵之介)の面々が本当に出来る男たちだった。

中でも血の繋がりのない祖父寛を演じた段田さんが素晴らしかった。彼もまた脚本を担当した大石静さんが見いだした役者のひとりだが、歳を重ねるごとにいぶし銀のような演技に磨きがかかっている。

彼の存在無くして優が自分の道を切り開いていくことなど出来なかったのではないかと思えるような、ジャーナリストとしての客観的な視点を持つ一方で人間臭い面も併せ持つ複雑な役柄を見事に演じきっていた。もやは演じているということすら忘れているのではというぐらい、いい具合に肩の力が抜けているのも良かった。

そんな巧者たちに囲まれて、相葉くんものびのびと演じられたのかなと思う。あんな女子力の高い男子、、、我が家にも欲しいと、このドラマを視聴した方々は皆思ったのでは無いだろうか。

ストーリーの展開としては、結局、母の死の真相は闇に葬りさられることとなったが、それでもある一定の区切りがついたことによって、和田家の面々がまた新しい一歩を踏み出すキッカケとなった。

優は自身の思いをフィクションを描くことによって昇華させ、祖父と父も今までいた枠から飛び出して新しいメディアに果敢に挑戦していったのだ。

少し話がうまくいきすぎな感はあるがまあそれがドラマの面白さなのかなと思った。

何も深刻なストーリーばかりが中身があるとは限らない。

祖父も父も結婚はするが別居を選ぶ。今の男三世代での暮らしの居心地がよほど気に入ったとみえる。

久しぶりにドラマで癒された。

相葉くんとハサミは使いよう。

そのココロは、相葉くんは無理して演じる必要はなくて、ただそこに居てくれさえすれば何故かみんな癒されるそんな不思議な存在なのだと気づかされたのである。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

hobby
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました