スポンサーリンク

【社会保障4月改正】年金開始「75歳」可能に 高齢者の就労後押し

今年の4月は例年以上に変化のある月になりそうです。

高齢者が受け取る公的年金の制度が4月に大きく変わる。受給開始時期の選択肢を広げ、上限を75歳に引き上げるほか、一定以上の収入がある60代前半の年金を減額する仕組みを見直し、これまでより多く受け取れるようにする。高齢者の就労を促して社会の支え手を増やすとともに、老後の保障を厚くするのが狙いだ。

わたくし、ただいま絶賛失業中の身の上ですが、仕事のストレスから解放され案外楽しく暮らしています。

もちろん失業給付金の支給が終わったらそんな悠長なことは言っていられないかもしれませんが、働かなくていいのなら働きたくないのが本音です。

Dは自営業ということもあり、65才を過ぎましたがまだ年金を貰わず働いています。よほど自分の健康に自信があるのでしょう。わたしは年金が貰える年になったら速攻貰いたいです。

もうこの年では美人薄明とも言えないですが、常々、、、ぽっくり逝けたらいいなと思っているのです。

それもあって今カラダを動かせるうちにいろいろなことにチャレンジしてみたいのかもしれません。


今日NHKをみていたら世界ふれあい街歩きでヴェネツィアを放送していました。

2014年、わたしは家族でイタリア縦断の旅をした時にヴェネツィアに行きましたが、今回の放送(2020年放送分の再放送)も同じ春の季節でした。6年後のヴェネツィアも全く変わっていないことが嬉しかったです。

この街では、車両や自転車の乗り入れが禁止されていて、移動手段は徒歩かヴァポレットと呼ばれる水上バスだけです。しかしあえてそんな不自由な生活を選んでもこの街に住む人々は幸せに暮らしているようにみえます。

番組では、細い路地の先にあるおしゃれな店や張り巡らされた運河を渡るアーチ型の橋、荷物を運ぶ台車が観光客をかき分けながら橋を渡る様子や、船の技術を教える学校、15世紀の織機でベルベットを織る工房の模様が放送されていました。

何も考えずただ歩いているだけでも楽しかったことが思い出されます。次女は当時、わたしと違って旅行好きではなかったのですが今でも時々、「ヴェネツィアに連れていってもらったことが一番嬉しくて記憶に残っているよ」と言ってくれます。

ここは世界一美しいと言われるサンマルコ広場です。

サンマルコ広場

Dが居たので入れませんでしたが、サンマルコ広場の一画には世界最古のカフェ、カフェ・フローリアン(Cafe Florian)があります。創業したのは1720年12月29日。

もしここでカフェラテを飲むなら、生演奏を聴きながらテラス席がお勧めです。

カフェ・フローリアン

実はラテを考案したのがここ、カフェ・フローリアンなのです。 カフェ・フローリアンがお客さんを楽しませるために、ただのブラックコーヒーを提供するだけではつまらないということで、新しいドリンクを模索し、その中で牛乳で割ったカフェ・ラテが美味しいと気づき、カフェ・ラテが誕生しました。

ちなみに、カフェ・ラテとはエスプレッソにミルクを合わせたものです。

当時は存在しなかった“カフェ”をこの世に作り、人々が交流することができる場所を作ったカフェ・フローリアンは大きなブームとなり、多くの有名人がこのカフェを訪れました。

代表的な有名人が作曲家のワーグナーです。彼はカフェ・フローリアンを気に入って毎朝ここに朝食を食べに来ていたと言われています。その他にも、「クリスマス・キャロル」を書いたディケンス、「赤と黒」の小説を書いたスタンダール、画家のモネとモナ、哲学者のニーチェ、ゲーテなど名前を挙げればきりがありません。

その中でも最もわたしがイタリアらしいと思ったのが、カサノヴァです。彼は元々芸術家なのですが、1,000人を超える女性と関係を持ったことで知られています。

ヴェネツィアといえばゴンドラですが、これも一番賑やかなサンマルコ広場近くの乗り場から乗ると高いので、わたしたちはこの島の住民が多く住むエリアの乗り場から乗りました。

リアルト橋
ゴンドラ乗り場

写真好きなDが荷台を運んでいるお兄さんを呼び止めて記念撮影

ホテルの朝食会場

移動日、水上バスのストライキに遭ってしまい、水上タクシーに乗って駅まで移動しました。このホテルには専用の船着き場があったのでらくちんでした。

水上タクシー

あらためてヴェネツィアは一生に一度訪れてみたい場所だなあと、、、テレビや写真をみて思いました。

生きている間に働くことも大切ですが、やり残したと後悔しないことも必要ではないでしょうか。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

chat
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました