複雑な世界

マスク必須の日常が当たり前になるなんて、コロナ禍以前誰も想像していなかっただろう。

何が正しくて、何が間違っているのかも時々分からなくなってくる。

自粛も分かる。ただ自宅待機出来るのは、比較的上級な人々に限られている。しかしその中にはリストラ予備軍も含まれている。

コロナ禍は人々の意識も大きく変えた。出来るだけ密を避け少人数で行動するモラルが求められている。

わたしが海外旅行好きだったのは、元々日本が息苦しい国だと感じていたから。しかしそんな自由でフレンドリーな国の人々のほうがよりコロナの被害に遭っているとか、、、産業革命もITもAIも上回るもっと根本的な部分で価値観を変えていく必要に迫られているかなと思う。

なんとも複雑な世界になったものだ。

もっと自由に直感的に生きられたらいいのに。


それにしても今の会社はアットホームで居心地がいい。

ひっきりなしに電話は鳴るし、仕事もどんどんやってくるけれど、どんなに複雑な案件も、船が出港してしまえばあとはもう何も手出しは出来ない。 

だから、仮に何かミスを犯したとしても、それを憂いて落ち込んでいる暇もないのだ。

コロナ禍も人生も何もかも、時の流れにだけは逆らえない。

どんなに思考を凝らしても、上手くいかない時はいかないし、逆にテキトーに流してる時のほうが上手くいったり。

ただひとつだけ確かなことがある。

自分にも他人にも嘘をつかないことだ。

言い換えると、自分のこころや他人のこころに真摯に向き合うということだ。

きっとそうすることによって、今自分がなすべきことが見えてくるに違いない。

今週は1日少ないのでもう週末が近づいている。ということは師走ももう目前だ。

ぎゃー年賀状どうしよう。

とりあえず今はひと眠りして、現実逃避しよう。わはは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました