今週のお仕事

水曜は大口顧客の日。今週わたしの出勤は今日だけ。なんて素晴らしいんだ。ってひとりで勝手にテンション高めでした。

お弁当作りも今日を含めてあと2回となりました。さして変わり映えしないですが、カブが美味しく漬かっていたので気をよくしています。

余裕で出社してみると想定通り、天敵とその手下は大変だったらしい。

28UT分のIVとSOを2人で20時まで残業して作ったとか。知らんがな。わたしいつもそれぐらいひとりで作らされてたし。でも定時で帰ってたし。あはは。

中途半端な書類をどんどん片付けていく。わたしの部屋は片付いてないが仕事はさっさと片付けないと気がすまない。

先輩仕事遅い。愚痴はいいからさっさと仕事を片付けなさいと、自分の子供ならどやしつけたいぐらいだ。

体調が上向いているとより頭も働くらしい。いつにもまして仕事が捗り絶好調。

やはり人間は適度な休息が大切だと実感する。そして一見複雑そうに見える仕事も実はそうでもないということに気づく。大変と思えば大変だが、全然平気と思えば平気になってしまう。

そういえば先週、アデルの新譜30をiTunesからDLしたので朝の通勤にずっと聴いていた。ホント癒される♪

まあ定時間際までいい感じだったのだが、、、あのわがまま顧客が28UTの車両の約半数を別な船に載せると言い出して先輩がパニックになった。

仕方がないのでわたしが既存のブッキングのほうを受け持つのでリストを整理しましょうと申し出た。

結果的には通関さんが締め切りが迫っている中の急な変更に激おこしたので若干の追加という形に落ち着いたのだが、もしわたしがいなかったら、あの人はどうなっていたのかな?と不安になった。

天敵も実際自分がおそくまで残業して書類を作ってみて、初めて事態の深刻さに気づいたのではないだろうか。でも覆水盆に返らず。わたしは今月末で辞めるし、あと残り2日しかも1日は半休を消化するので午前中で終了だ。


それから相変わらず社長は中古自転車のコンテナのフレートの問い合わせをわたしに投げてきた。さして中身も確認せずにメールを転送してくるだけなので本当に無責任な話だ。

本人に悪気はないのは分かっているが、こういう無駄な仕事をこの期に及んで押し付けてくるのは本当に腹が立つ。今回は西アフリカのコートジボワール辺りというかなりふわっとした見積もり依頼だった。

どんなお客様の要望にも出来るだけ応えたい社長の気持ちはわかる。しかしそれは社長本人が対応すればいい話ではないのか?今こちらは実際の収益に直結する仕事をしている最中で、あと1日半の時間しか残されていないのに。

わたしがこの会社に入ってから中古自転車のコンテナの仕事など一度も受注したことはない。あまりの馬鹿馬鹿しさに最近では問い合わせしても返事も来ないような見積にどんな意味があるというのだろうか。


先日人生で初めて本格的な手術をして、自分自身の命について考えさせられたばかりだ。

そして最近米国株投資をするようになって刻々と変化する時代の流れを痛いぐらい感じている。

コンテナ一杯の中古自転車を集めアフリカに送るのに一体どれくらいの時間と手間とお金を費やせばいいのかわからないけれど、少なくともわたしの時間をこんなことに費やされたくないと思わざるを得ない。

誰かの願いを叶えてあげたいと願う心は尊い。しかしそれは自らが手を差し伸べることであって誰かに指示してやらせることではないと思う。


こんなことを書いている間にも相場は動いている。

昨日のTSLAの下げはイーロンさんの株の売却が断続的に続いているからということだ。それでもめげずに上昇しようとするこの株は損得を抜きにして面白い。

何事にも前向きにチャレンジしているひとをみると自然と応援したくなるように、地球にとどまらず宇宙に向けて飛び出そうとしているTSLAという会社の持つ壮大なビジョンに心惹かれるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました