複雑な気持ち

今年のノーベル物理学賞に、現プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が選ばれた。

真鍋さんは大気と海洋の循環を考慮した気候変動のモデルを開発。二酸化炭素などの温室効果ガスに着目し、地球温暖化の予測に関する先駆的な研究を続けた業績が高く評価された。

このこと自体同じ日本人としてとても嬉しく思う。しかしその一方で彼は今米国籍を取得している。

世界のどこにいても人種として日本人には変わりはないが真鍋さんは今、れっきとしたアメリカ国民。

優秀な人材が人知れず海外に流出してたのだと改めて気づかされる出来事でもあった。


しかし日本の政府やマスコミの反応は相変わらず日本の誇りだなんて、、、既に米国籍を取得している人にまで便乗し日本すごいをアピールしているようにしか見えない。

こういうことは図々しいにも程があるというか、自らの国の貴重な人材を流出させてしてまったことに対する反省とか恥ずかしさとかそういうものはないのだろうかと思う。


新しい総理になってから既に日経平均は2000円以上値を下げている。

恒大の問題から中国の金融不安、アメリカのデフォルト、、、そして国内でも、新総裁が金融資産の利益に対する現行20%の課税を更に引き上げるとの考えを示していることなど、これからせっかくアフターコロナも考えられるかなんて時に水をさすようなことをしようとしている。

近頃はNISAやiDeCo、仮想通貨や米国株投資など魅力的な投資が広く知られるようになり若者でも気軽に投資を始められるような機運が盛り上がってきている。

身近なところでいうと会社員の次女はS&P500の投資信託を毎月積立て貯蓄に励んでいる。

長男も学生だが一時期YouTubeで稼いだ資金でNISA枠で株を買って運用しているらしい。

ときどき投資をされたことのない方が、

「不労所得なんだから税金なんかいくらでも取ればいい」

などといっているのを聞くことがある。

いやそれは違うでしょう。とわたしは思う。

投資するにはそれなりの資金が必要で、それらは会社員なら給料などの労働の対価から税引き後のお金から捻出されるというのがほとんどではないか。

既に多額の税金や社会保障を引かれたあと、それをまた涙ぐましい努力の一環としての投資ではないのか。

国はそんな国民のささやかな楽しみにまでより多くの税を徴収しようとしている。

一方オリンピック開催によって多額の赤字のツケを結局は湯水のように税金から補填するのであろう。

そして投資マインドを冷やし株価を下げれば結果的に最初の目論見通りの税収も得られないということも分からないのであろうか。

そんなこと、、、簡単な四則演算するぐらいの頭が働けば分かるのではないだろうか。

さすがに明日の日経は上がってくれるだろう。

投資をやらない方々でも自分が貰う年金のことは心配するはず。そして、その年金も近頃は株式などリスクの伴う場面で積極的に運用されていることを知れば、これは国民全体の問題だと分かるはずだ。


さて、わたしの退職に関してたくさんの皆さんから多くのエールをいただいてとても感激しております。

なのでこの件に関してひとつまた新たな展開というか、副作用というかがありましたのでお知らせします。

今朝は少しいつもより遅く出勤したので、既に部長が会社にいました。

当然わたしは、部長というかその場に居合せた方々に向けて「おはようございます」と言いました。

ところがその時、部長だけはなんの反応もなかったんです。当然他の人からは普通におはようが返ってきました。

その後、彼が外出する際、わたしは他の先輩たちと一緒にきちんと「いってらっしゃい」といったのですが、わたしだけスルーされました。

その後また部長が帰ってきた時も、今度は一番に「おかえりなさい」と声を掛けましたが無視され、他の方の挨拶には反応していました。

この彼の一連の行動をみて思ったこと。

先日の一件で社長はわたしに、

「あいつはTさんに対して傷つけようなんて思ってなくて、つい言っただけだから気にしなくていいよ」

と言ってくれました。

それは普通のサッパリした男性ならそうなんだろうと思います。

しかし、部長の場合は明らかにうっかり言ったことではないと、、、今日の出来事を通して確信しました。

おそらく部長は、わたしが専務に退職の相談をしたあと、専務若しくは社長から何かしら言われたはずです。

しかしそのことは一切口には出さず、同時にお客さんの悪口や部下の容姿を揶揄するようなことも言わなかったので相当キツく言われたのかもしれません。

しかし彼としてはおそらく自分は何も悪くないのに、わたしが有る事無い事吹き込んだように思い憤っているに違いないです。

だからわたしには一切目も合わさず、挨拶もしないなんて、そういう常識の欠如した行動に出たのだと思います。

これでますますわたしの退職の意思は固くなりました。

部長のパワハラの質が変わっただけでなんら前向きな変化が見られないだけでなく、これからどのような形で報復を受けるか分かりませんから。

まあ、わたしの率直な感想としては、、、部長は普段から散々自分をIQが高くイケメンで、大概のヤツはバカでデブで豚だと口癖のように言っていたのですが、、、本当にIQが高い人ならそんなこと言わなくても誰もが認めるところだろうし、イケメン?だったとしても心が醜ければ台無しだし、、、その心の醜さは表情にも現れるでしょう。


わたしが大好きな岡田将生。おそらくわたしが今まで肉眼で見た日本人の中であんなキレイな人はいないと思われる彼。

もちろんその容姿が素晴らしいのは言うまでもなく、でも一番わたしが惹かれるところは、彼はそんな自分だからといってそれをひけらかすどころか役者として日々精進し、常に物事に真摯に向き合い、周囲の人に対する気遣いを忘れない心の優しさや美しさなのです。

そんな彼が今月から始まるドクターXの第一話にお医者さんの役で出演します。

長身の米倉涼子さんがヒールを履いてもこの身長差♪2人とも本当にステキです。

こんな感じでわたしは直近にたくさん楽しみもあるし、もうこの会社を辞める人間なので部長のパワハラ?意地悪も気にしないことにします。

ところで今日は今月になって初めてNEWoMan横浜のラウンジに寄ってきました。しつらえが変わっていました。

秋の深まりをそこはかとなく感じる今日この頃でございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました