スポンサーリンク

政府、国民に節電要請 「室内温度は28度に」

政府は7日、家庭や企業に対し、今夏の節電を要請した。老朽火力発電所の休廃止の増加や3月の福島県沖地震の影響で、電力の供給余力が乏しいため。政府による節電要請は2015年以来7年ぶり。期間は7月1日~9月30日。特に太陽光発電の出力が減り、電力需給が厳しくなる午後5~8時ごろの節電を呼びかける。

松野博一官房長官は会合で「国民の皆様には今年の夏は全国で生活や経済活動に支障がないよう、できる限りの節電・省エネへのご協力をお願いいたします」と述べた。萩生田光一経済産業相は7日の閣議後記者会見で「室内温度を28度にしたり、不要な照明は消したりするなど、節電・省エネしていただきたい」と呼びかけた。家庭では室内温度を28度にすると26度と比べ6%の節電効果が見込めるという。オフィスビルではブラインドなどを活用して日照を遮ることで3・4%、学校では教室などの照明を間引きすることで8・7%の節電効果があるという。

毎日新聞

乗員付きのパッケージツアーに限られているものの、6月10日から外国人観光客が再び日本を訪れることができるようになるが、まさか彼らにも節電を要請するのだろうか?

そんなことは出来るわけもないのに、、、国民には節電を強いるというのだろうか?それでなくとも、わたしは暑さに弱いので無理。やなこったい。誰が協力するもんかだわ。

どこの発展途上国の話ですか?海外に遊説に行けば気前良く何百億も経済的援助を約束するなら、その分の予算を自国の電力の安定供給に使うべきだろう。

送電が不安定な国が観光立国や車輌のEV化を目指す?片腹痛いわ。


今日は月一のCOSTCO詣♪

麺やパン類も確実に値上がりしてきている。政府や日銀は円安を容認し、物の値段は上がるわ、連日ボランティアや節電のお願いとか、わたしたち国民が納めている税金が、こんな無策な人々の高額な報酬に使われているかと思うと真面目に働いて税金を納めるのもバカバカしくなる。

今日本が金融緩和を継続せざるを得ないのも、国が国債を増やしまくった結果その利払いの負担を少しでも減らす為だ。しかし、他国が金融引き締めや利上げに舵を切っている中、わが国だけが取り残され、円の価値が著しく損なわれている。

本当に情けない国に成り下がったものだ。

もっと気持ちが明るくなるようなニュースはないものかと思う今日この頃である。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

chat
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました