早めの対処から

前日の辛さが嘘に思えるような目覚め。ドクターの処方した薬と対処法のお陰で、かなり元気を取り戻してきた。

しかし、今日は仕事休みで家にいるので、普段出来ない雑用が次から次へと湧いてくる。

それと薬をきっちり飲む為に、3度の食事を摂ることも自分自身でやるしかない。Dは私が具合が悪かろうがいつもお構いなし。全く役に立たない家族だ。こんな風ならひとりのほうがよほどマシと思える。

ただマイナスの感情は、病の回復にも影響するので極力考えないように心掛けた。

早めに夕飯の支度を終えたらあとはビデオを観ながら寝落ち三昧。己の世界の住人になればもう誰にも邪魔されることはない。


ところで私は耳寄りでお得な情報に目がない。そして、その情報を知ったらなるはやで調べて対処することをいとわない性格だ。

昨日の病気の件も然り。朝喉が痛い→夕方かなり辛くなる→退勤と同時に歩きスマホで最寄りの耳鼻咽喉科を探す→クリニックで受診→スーパーに寄って食料調達→自宅に帰り食事して薬を飲んで就寝。

買い物も何もかも即断即決タイプ。

たまに早すぎる決断で損したと思うこともあるけれど、早めに動けば時間に余裕が出来る分、その後の状況に応じて動くことも可能だ。

時は金なりという諺があるが、まさにその通り。だから自分の時間が大切なのはもちろんのこと、誰かの時間を使わせることには罪悪感すら感じる。

なので逆に誰かの時間を浪費させることに対して何も感じないひとに対しては、無神経だと思わざるを得ないし、そういうひととは仲良くしたくない。

Dと私が仲良くなれないのはその辺りに原因があるのかもしれない。

Dは、何事も即決出来ないタイプ。あーでもないこーでもないと言ってギリギリまで悩む。でも結局いつも最初からこうしておけば良かったと思うような結論にたどり着く。

私はいつもそのあーでもないこーでもない時間にイライラさせられる。イライラはストレスの元凶だから体調まで悪くなる。

私はこういう時間泥棒にはなりたくない。時間泥棒なひとの大半はその自覚がないのも始末が悪い。

あのひとたちにとって世界は自分中心に回っていて、自分時間に合わない人に対する配慮も何もあったものではない。

誰からも許され愛されていると思い込んでるから、自分を否定するひとの気持ちも分かろうとしない。

こういうひとに対する対処法は、とにかく関わらない。それしかないだろう。

こうやってある一定のひとたちに関する自分自身の考察をまとめてみるのもなかなか有意義な時間かもしれない。

生まれてこの方、自分は愛されてるとあまり感じたことがない。だから逆に本当に愛のあるひとのことはなんとなく分かる。

好き嫌いは理屈じゃないというけれど、多分私の場合、基本的に、愛のないひとのことは好きになれないと思う。

ここでいう愛とは、、、自分の時間も誰かの時間も同じくらい大切に思えるこころだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました