スポンサーリンク

フィーシェ オリンポス

D宛にお客さんからチョコレートが届きました。お客さまは神さまです♪

そうですねー。もうすぐバレンタインデーですものね。わたしは子供たちが幼稚園ぐらいの時、友チョコを作って以来ほとんど作った記憶がございません。今は食べるだけの人ですが、この頃は毎日何かしらお菓子を作っていました(こんなところにも熱しやすく冷めやすい性格が出ています)

余談はさておき、Dにチョコレートを送ってくれたお客さんはいつも良いものを送ってくれる人なので今回も期待を裏切りませんでした。

なんてステキなチョコレートなんでしょう。ステキすぎて食べるのが勿体ないぐらいですね。

なーんていいながら、わたしは右下のAmanda(レーズン入りのアーモンド)を食べちゃいました。

Dっていつもそうなんですけど、何も考えないで食べるのにいつも美味しいとこどりする奴で、Amandaの上のUranus(天王星/ピスタチオ)を食べてましたよ。

そして何故かそんな時に必ず居合わせる長女。Uranusの上のVanille(ヴァニラ)を食べてました。可哀想だけどまだ孫にはあげません。あはは。

フーシェ(FUOCHR)は美味しいサブレやミルフィーユなどの洋菓子が有名なブランドですがバレンタインのシーズンはとても神秘的なチョコレートが販売されているんです。それがこのオリンポス(OLYMPUS)です。

手作りチョコもいいですが、お裾分けに預かる身としては、こういった自分では作れない系のチョコも嬉しいものです。


さて、先月会期が延期になっていた絵画展が、ようやく2/10から開催の運びとなりました。

ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展|東京都美術館
大規模な修復プロジェクトにより、塗りつぶされていたΩの画中画が姿を現したフェルメールの《窓辺で手紙を読む女》を修復後日本で初めて公開します。その他、ドレスデン国立古典絵画館のコレクションから、レンブラント・ファン・レイン、ハブリエル・メツー、ヤーコプ・ファン・ライスダールなど、17世紀オランダ絵画の名品約60点を紹介し...

さっそくわたしも友人と相談して日程を決め、日時指定のチケットを購入しました。それだけでも十分満足なところですが、ここにホテルランチを組み合わせました。

そしてこのホテルランチにはもうひとつおまけがついているので、その模様はまたお伝えする予定です。


それからもうひとつ。今日は興味深い記事を見つけました。

島津家の歴代藩主が愛した鹿児島市の庭園・仙巌園(せんがんえん)に鎮座する「猫神社(ねこがみしゃ)」が東京・原宿に期間限定で分祀され、10日から27日まで愛猫家らのお参りを受け付ける。全国でも珍しい猫を祭った同社では毎年2月22日に長寿祈願祭などが行われており、運営元の島津興業(同市)は「かごしま 仙にゃん園」プロジェクトと銘打ち、首都圏のファン獲得に弾みを付けたい考えだ。

そうでしたか、去年鹿児島に旅行して仙巌園に行って何気に撮った写真の中の神社は猫神社さんだったのですね。

仙にゃん園
鹿児島から、全ての猫好きのために。 「仙にゃん園」プロジェクト始動!

わが家には猫ちゃんはいませんが、大好きなブロガーさんたちの中に愛猫家の方もたくさんいらっしゃるので、こういう話題をきくとほっこりしちゃいます。

そして、、、もっとしっかり調べておけば良かったと今さらながら後悔している自分がいます。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

chat
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました