通勤途中の人間観察

毎朝の通勤、、、私の場合、家を出て会社に到着するまで、ほぼ1時間くらい。

家を出る時には大体、ワイヤレスイヤホンをつけて、お気に入りの曲を聴きながらテンションを上げている。米津玄師や、ONE OK ROCKや、椎名林檎や、、、ついさっき、back numberのエメラルドをDLしたので、明日の通勤が楽しみ♪

このところすっかり英語の勉強を中断したままになっているので、近いうちに再開しようと考えている。何を利用しようか検討中。

通勤時は、眠くなければ案外暇に感じる時もある。今日は電車を降りて移動している時に、スーツケースを持って移動する男性の動きが気になってついつい様子を観察してしまった。

その人は、そこそこ混雑している中、自分の身体の後方にスーツケースを置きながら移動しているので、近くの人にかなりの確率でぶつかっているのに全くお構いなしだった。

そこまででは無いにしても、背中に大きめなリュックを背負ってる人も結構迷惑。

それから混雑した車内で、マスクをしながらも咳をする人も気になるし、、、考えてみると、気になる人というのは、はた迷惑な行為をする人とイコールなのかなと。

朝の通勤時は出来るだけ余計な気を使わないようにするのが吉。とにかく他人に迷惑を掛けないことが一番大切だと思う。

転職して、平日は毎日職場に通勤する生活をするようになって、少しずつ自分なりのリズムが出来てきた。

そうなってくると、目にする周囲の人たちを観察する余裕が生まれる。

今は主に悪目立ちする人ばかりに目がいってしまうが、そのうち、ステキな格好をしている人を見つけられるかもしれない。

あ、あの人の持ってる鞄がカッコいいなとか、コートやジャケットがお洒落だなぁとか。

それから、朝、飲み物を買いにコンビニに寄った時も、他の人は何を買っているのかしら?なんてこともさりげなく気になってみたり。

ほんの少し好奇心を持つだけで、憂鬱だったり、退屈だったりする時間が、まるで音楽を聴いている時のように、これからステキな一日が始まるような陽気なテンションを運んできてくれる。


何かに落ち込んだ時、よく前向きに考えようとアドバイスされる。でもそれって、、、今あなたは後ろ向きな考え方してるねと言われているようなもので、それ自体がその人に対する否定のようにも聞こえる。

後ろ向きの何が悪いの?そもそもどっちが前だとか後ろだとか誰が決めたの?

そんな毒にも薬にもならない無難な上から目線の意見なんか、気晴らしにもならんわ。

だから私は自分にこう言い聞かせたい。

どんな時も、一見ふざけてるかもしれないが、お気楽、陽気で行こうよと。

人生をドラマと捉えたら、私はコメディの世界の住人になってみたい。

どんな哀しみも苦しみも憂鬱も、クスッした笑いに変えるような、、、ちょっとシュールな日常をすごしてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました