有終の美を飾る?

仕事にお弁当を持っていくのは今日が最後。白身魚フライを揚げるくらいの手間しかかけていない手抜きなお弁当だか自分が食べるからまあよしとしよう。

それからいつも通りに会社に向かうも、またもや電車遅れ。10分も遅刻してしまった。

そしてわたしのデスクを見ると、やだー年賀状の束が。まだリストを出力して役員チェックの段階でもないのでとりあえず裏面だけでもということで。

振り返れば貿易の仕事は全く初めてで右も左もわからなかった。そして会社の複合機の使い方にも慣れておらず年賀状作りもなかなか捗らなかった。

でも今はさほど迷うことなくリストを出力、裏面印刷を終え案外呆気ないと思うぐらい簡単に終了した。

たった一年、されど一年。50の手習いではないが、本当にたくさんの知識やスキルを身につけさせて貰った。いろいろ問題はあったが、こんなわたしを正社員として雇ってくれた会社には感謝している。

先輩から、、、Tさんお手隙ならばこれを作ってくれないかしらとKINGSTON (カリブ向け)の本船の書類を頼まれた。11台分、、、ちょうど半分作ったところで定時が来たので、明日の午前中には終わるぐらいの仕事を残して帰ることにした。


それから帰宅してDの食事の支度をして、ちょいとひと休みのつもりが、、、気がつけば日付が変わっていた。慌てて相場チェックをしてみるといい感じ。そして金曜日の下落局面で買い増し出来なかった自分に反省。

兎にも角にも自分の持ち株が上がることが何よりも嬉しい。

NVDAもTSLAもこれから何度も売ったり買ったりを繰り返すにせよ少なくともあと5年くらいのお付き合いは続くと思っている。そしてGOOGL、APPL、MSFTとも時々仲良く遊んでもらえたらいいな。

株だって相性があって好き嫌いもある。だから孫のようなニアちゃんに特別な感情を抱いたとしても不思議ではない。

先日トリミングを終えたばかりの写真が送られてきた。

そうね。飼い主になってこんな瞳に見つめられたらもう一撃よね。

わたしも間接的にだがニアに出会えてよかった。

そして少ない資金からでも愉しめる米国株投資やS&P500の投資信託に出会えてよかった。これは目先の利益だけではなく、素人でも手軽に世界の超一流企業や経済の動向を考えるきっかけを与えられたということのほうが、わたしにとって価値がある。

それは今年大リーグで大活躍した大谷くんや、将棋の世界で史上最年少の記録を残した藤井聡太くんをついつい応援したくなる気持ちに似ている。

誰だって一芸に秀でた人には一目をおくし、どの分野でも優れた人がいるから世界がよりよい方向に導いていかれるのだと思う。

しかし光があれば必ず影もある。娘からよく、あなたは社会的弱者を見下していると言われてしまうが、、、自分を含めて人はいつそんな状況になるかなんて分からないのだ。

だから今、まだ1ミリでも進歩出来るうちに自分に厳しく、そして自分の愛する人たちが幸せになれるようにあと押ししていきたいのだ。

明日は午前中で仕事終わり。当分気軽に寄れなくなりそうなNEWoManラウンジに行ってこようっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました