お医者さんハシゴ

今日は近所のクリニックでインフルエンザの予防接種をした。ついでに、両足の踵が乾燥でひび割れてきたので塗り薬も処方してもらった。

その後電車で移動して隣街の眼科で受診した。実は2週間くらい前から目がゴロゴロしていたが、喉痛で薬を飲んでいたので通院を見合わせていたのだ。

今回はドライアイだった。目薬の点眼で様子見することとなった。

踵のひび割れもドライアイも、おそらくこの季節特有の乾燥も関係していると思われる。そして更年期でカラダのいろいろな部分の抵抗力が弱ってきているのだろう。

何事も早め早めの対処が大切なので、今日の通院はどれも有意義に感じられた。

眼科は、小田急線の鵠沼海岸駅から徒歩15分くらいの134号線に面したなかなかお洒落な場所にある。

今日はポカポカ陽気で、ウォーキングやジョギングや、ワンコの散歩をする人々と多数すれ違った。私も通院ながら、EYEVANのサングラスを掛けて休日の開放感に浸りながら歩いた。着ていたジャケットが邪魔に感じるぐらいおひさまのひかりをたくさん取り込んだ。

普段はあまり意識することはないが、このあたりの気候は温暖で過ごしやすいとあらためて実感した。

日々の忙しさあってこそ感じられる穏やかな休日の時間。

どんな時も、自分のこころが決めてくれる。

立派な邸宅の前を通り過ぎたとき、紅葉した木からひらひらと枯葉が舞い落ちた。サングラス越しに空を見上げると、木漏れ日もまた優しく視界に入り込んでくる。

一見ありふれた瞬間であるにもかかわらず、何故か特別な瞬間にも感じられる。

どこを歩いても、何を見ても、自分の感受性をフル稼働すれば、どんな時も楽しめる。

芸術を感じるこころが研ぎ澄まされたような気分になった今日のあるひとコマ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました