スポンサーリンク

イースターにZENBでエコなスープを作ってみた

無職ばばあの朝はやたら早い。庭の住人たちのお世話をひと通りして、雨上がりにはお約束の雑草を抜いて、、、そうしている間に、じいじが起きてきたので、松の剪定作業の前に昨日の作業で出た枝葉を袋詰めする作業を手伝った。

同じ植物でも、野菜や果物や花はちょっと油断するとすぐ病気になって枯れてしまうのに、どうして雑草はなんのお世話もしていないのに生えてくるのだろう。

庭に生えてくる雑草の種類は大体同じようなものが多いのだが、なぜかこのところ結構根が太くて本体の葉が硬い種類の雑草が、イチゴのある花壇の周りに生えるようになった。

一度に全部抜こうとすると大変なのでこれは少しずつやっつけていこうと思う。


そして早朝から作業をしていると自然とお腹が空いてくるのがお約束なので、今朝はさっそく昨日入手したZENBのmameroniでソーセージスープを作ることにした。

最近ずっとご無沙汰しているが、以前ソーセージやフランクフルト作りにハマっている時期があった。

今はたまにOisixのお取り寄せで生ソーセージを頼んでいるのだけど、一旦生ソーセージの味を知ってしまうと、市販のソーセージとそれは似て非なるものだと分かる。

生ソーセージの一番美味しい食べ方はなんと言っても燻製かと思うけれど、これはちょっと手間が掛かるし、家庭でするにはハードルが高い。

そして次に候補にあがるのがボイルということになる。生ソーセージの場合このボイルの茹で汁に肉の旨みなどがしみだすので、アクを取り除けばもうそれだけで美味しいスープの材料になってくれる。

そして今回、ZENBのmameroniも、茹で汁をそのまま使える素材なので、ソーセージとmameroniの夢のコラボが実現した。

せっかくなので今回はグルテンフリーにこだわろうと、あえてじゃがいもは投入せず、新たまねぎとにんじん、緑の葉は大根を刻んで。

ソーセージと野菜たちのアク、玉ねぎとにんじんの皮がコンポスト行きになることを除けば、ほぼ捨てるところなしのエコなスープが完成した。

えんどう豆のマカロニは、当たり前だが豆の味がした。玉ねぎもにんじんも甘くて、、、今回はマギーブイヨンを一欠片、淡路島産の藻塩とオールスパイスで味を整えてみた。

このマメロニとソーセージのスープとても美味しいです。しかも栄養たっぷり、カラダにも優しいので朝食にもピッタリです。

今日はイースター(復活祭)です。わが家では特別なイベントの予定はありませんが、豊穣の象徴であるイースターバニーをイメージしながら、庭の神さまに手を合わせよう(心の中で)と思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

diary
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました