Hbの数値が

貴重な夏休みを消化して今日も湘鎌で婦人科の受診してきた。採血があるので普段家を出る時間よりも早めに家を出た。

【公式】湘南鎌倉総合病院
湘南鎌倉総合病院は、新時代を見据えた世界標準の医療を実践します。地域の高度専門医療を担い、先進・先端医療にも意欲的に取り組んでいます。

しばらく生理がご無沙汰していることもあり、Hbの数値は正常値に戻っていた。

前回放射線科の先生からホルモンの数値を測定して閉経しているかどうか調べてみてはどうかとお勧めされたが、今日の婦人科の先生は、また生理になる可能性もあるので3ヶ月ほど様子を見たほうがいいという意見だったのでそれに従うことにした。

たとえ閉経したとしても筋腫がなくなったわけではないのでわたしとしても経過観察のほうが安心出来る。

ということで貧血という懸念材料が無くなったので今度は他の数値の気になる部分をなんとかしようと思う旨を先生に相談した。するとこの病院の内科は予約が無くとも受診出来るので、まずは検診の結果をまた紹介の窓口に提出して内科を受診して下さいと案内された。

早起きは三文の得とでもいうか朝イチに予約を入れていたおかけで婦人科から内科にスムーズに行くことが出来た。

まず看護師さんに検診結果を見せて状況を伝えるとそこまで数値は悪くないから受診するほどでもないんじゃない?的な反応をされたが、去年の9月から5月末の検診というわりと短期間の間に急激に全体の数値が悪くなってきたことが気になるとからと押し通した。

案の定再び採血をしたところ悪玉コレステロールの数値がかなり高くなってきていることが分かった。

内科のドクターからは、まず栄養指導を受け、それでも数値が改善しない場合は薬を飲まなければならないと言われた。

やはり受診して良かったのだ。

とまあこんな感じで今日は午前中の間に採血→婦人科→内科→採血→内科で結果を聞いて栄養指導をうけて終了した。

ひと段落したのでお馴染みのレストランでランチした。

今日の日替わりはサバの開き♪塩加減もいい塩梅でいい感じに脂ものっている。やはりここの食事はヘルシーでいい♪


それにしてもどうしてこんなにいろいろな数値が悪くなったのだろう。

さまざまな要因が考えられるが、やはりわたし的にはストレスが一番の原因だと思っている。

昨日も実は少しだけ残業してさっさと帰ってきたが先輩はちょっと不満そうだった。でも彼女の機嫌が悪くなろうともう知ったこっちゃない。

神経を擦り減らし無理をしたところで何も報われないし、それどころか生活習慣病のリスクが高まる一方なのだから。

無理なものは無理と自分から意思表示をしない限り自分を守る術はないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました