秋の味覚

帰宅した次女がご馳走してくれた。長女お気に入りのお蕎麦屋さんで、暴れん坊の孫を見ながら慌ただしくも楽しいひと時をすごした。

日中は、次女のふるさと納税の手伝いをしたり、不要になった服の整理をしたり、それはそれでバタバタと。

独身貴族はいいなあ。結婚して子供がいる幸せもあるが、またそれとは違う幸せもある。

子供たちがみんなそれぞれ幸せなのがいい。


今日のブラタモリはサロマ湖。

ホタテの年輪の話を知った。年単位で養殖しているのね。ホテルの夕食で食べたホタテもそれほどの手間がかけられていたのかと思うと感慨深いものがある。

サロマ湖やオホーツク海という大きなゆりかごの中で育まれた大切な命をいただくのだから、しっかり味わって食べないと。


今日は、野菜、海老、牡蠣、とり天、、、そして新蕎麦。まさに秋の味覚を満喫した。

孫も手づかみで蕎麦をちゅるちゅる。満足気だ。季節を感じる。大事な食育だと思う。

その楽しい時間を写真で切り取った。これぞ秋の収穫といったところか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました