スポンサーリンク

旅行づいている

今日からママ友が家族と沖縄に。

そしてじいはアフリカひとり旅真っ最中。

長女家族は明日から旦那ちゃんの実家に帰省。

それから今月の後半の連休に次女が、あちらの友人とタイ北部のパーイという小さな町に行くのだとか。

わたしも1泊2日の弾丸乗り鉄ツアーに、じいが帰国した翌日に出発予定です。


こんなことを書いていると、どうして家族でもないママ友の旅の話なんかするの?なんて思う人がいるかもしれないので説明させていただきます。

遡ること昨年の11月末頃。ママ友とハイアットリージェンシー横浜に宿泊、翌日三溪園に散策したなんてことがありました。

その時にママ友から2月の連休の沖縄旅行の相談をされたのです。娘さんたちの都合でどうしても連休にしか出掛けられないのだけど、彼女が調べた限りだともうかなり予算的にキツい状態になっていたらしく、なんとかいい方法はないものかと。

じゃあちょっと調べてみるねって感じで某旅行会社のサイトで検索をかけてみたら、ちょうど都合のいいツアーを見つけたのです。それで飛行機の空席状況を調べたら、帰りの便の4人並びの座席が1ブロックしか空いてないという状況だったので、その場で座席確定から決済まで全て完了させないといけなかったのです。

ママ友にはいつもお世話になっているのでちょっとしたことのお手伝いならなんてことはないのですが、その時は、スマホ画面で家族4人分の情報を入力して、数十万単位の決済をさせられたので正直疲れました。しかも、その時はホテルステイで本来なら優雅にすごしている時間ですからね(^^;;

なので今回ばかりは少しいらっとしたので、こういうことは今回限りにしてほしいとお伝えしました。

というのも、ママ友とわたしの旅の手配をわたしがするならともかく、わたしが参加しないママ友とその家族の旅の手配をするのは甚だ非常識かと思ったのです。本来ならそれは、既に成人した娘さん夫婦がやるべきことですよね。

きっとわたしなら、自分の娘がこんな身勝手を押しつけてきた時点で一緒に旅行したくないですし、母親の友人にまで迷惑をかけるなんてありえないです。

でも、話はそれだけで終わりませんでした。先日、マンダリンオリエンタル東京でランチをした時に、グリーン車の車内で、チェックインと搭乗券の話になったのです。彼女は娘にやってもらうと言っていたのに、結局まだやっていなかったので、結局その場でわたしが、彼女のスマホにアプリをダウンロードして設定をする羽目に。もちろんその場に居ない家族の分は出来ないので、彼女は娘たちに連絡してました。

たまたまわたしが気になって確認したから良かったものの、当日まで放置してたらと思うと恐ろしいです。

って実は、少し前に彼女に連絡をしたら、まだAndroidのスマホの搭乗券の保存の方法がわからないので、娘さんたちと合流してからするとか。

まあその後、娘さんたちと合流して『行ってきます♪』と連絡があったので、いまようやくほっとしているところです。


それにしても、今の時代スマホで何でも出来るのは便利なのですが、飛行機の搭乗券から何から全てスマホ管理というのは、逆に不便でリスキーなのでは?と思います。

これもし、スマホを無くしたらもうどうにもならないじゃないですか?ちなみに今回友人はANAを利用したのですが、JALはスマホも使えますが、従来のプラスチックのマイレージカードや紙出力にも対応しています。でもここでコストの問題が発生してくるのですが、たとえば沖縄行き航空券+ホテルの場合だと同じような条件で料金を比較するとJALと ANAだと4人分の差額が10万円ぐらいあったのです。

そうなると普通は ANAのほうを選びたくなりますよね。ってことで、これからますますアナログな方には厳しい時代になってくるのかなと思いました。


少し話は変わりますが、いま久しぶりに阪急交通社のパンフレットを見ているところなのですが、こんなのを見つけました。

いままさにじいが出掛けてる方面のツアーです。

アフリカ方面…699,800とな?!しかもこれ、2名1室の場合なのでおひとりさま料金は最低でも60,000円別途必要みたい。もちろん旅行会社基準のデラックスホテルに宿泊とは言ってもおそらくコロナ禍前のツアー代金と比べるととんでもなく値上がりしています。

ちなみに、じいの旅行はこのツアーよりも長い10日間になりますが、掛かる費用は半分にも満たないぐらいかも。

そう、今朝も連絡きましたよ。

只今~ヨハネスブルグ。
明日からジンバブエ&ボツワナの滝とジャングルツアーです。
追伸~旅サラダで紹介されたカラフルな家のボカープ地区は非常に危険な雰囲気でした。一緒に紹介されたナンドースレストランも危険地帯に有りましたがトライしました。

by じい
ボカープ地区にて

いまヨハネスブルグのエアポートホテルにいるみたですが、ヨハネスブルグってめちゃくちゃデンジャラスよね((((;゚Д゚)))))))

エアポートホテルです。安くて従業員感じも良くて良いですが、欠点はエアコンが無い事です。。。夜の12時なので寝ます。

by じい

ちなみにあちらはいま夏なので最高気温は30度を超える日もあるのですが。エアコンなしで大丈夫かしら。まあ、とりあえず今日も無事みたい。

それにしても、あのカラフルなボカープ地区、噂以上にデンジャラスな雰囲気ぷんぷんだったみたい。

そしてこれは、ご存知の方も多いとは思いますが、ヨハネスブルグは、 ヨハネスブルグの市街中心地(CBD地区)、カールトンセンター付近からヨハネスブルグパーク駅、ヒルブローに至る地区(エリスパークスタジアムを含む)及び同市中央東部のアレクサンドラ地区では殺人、強盗、性犯罪、恐喝、暴行、ひったくり、車上ねらい、麻薬売買等の犯罪が昼夜を問わず発生しています

ということで、友人や家族が程度の差こそあれ、手が掛かる方々が多いので、留守番しながらも意外と気が休まらない日々をすごしております。

そうよ。わたしだって旅行するんですから。もうこれ以上何か面倒に巻き込まれるのはごめん被りたいものだわ。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

travel
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました