拗らせる

今ブログを書くにあたり、どうにも考えがまとまらない。書きたいことはいろいろあるが、こころに巣食うもやもやが消えないのだ。

なんだろう?このもやもやは。

ひとつは、オリンピック開催の可否についてか?

内村航平選手の発言を聞いていろいろ思うことがあったり。

あの発言は本当に本音だろうと思う。しかし、スポーツ選手だけが特別に苦しんでいるわけではないこの現状で、たとえどんなことがあったとしても、その道の第一人者があんな弱気な発言するのは余計に社会的不安を増幅するだけだ。

おそらく世間の大半の人は、去年の延期が決まった時点で、今年の開催も危ういと感じていたであろう。それを年明けまで引きずって、、、本当に真剣にコロナに打ち勝ちたいと思うなら、どうして日本ご自慢の技術力を駆使して世界に先駆けてワクチンを開発する気概を持たなかったのだろう。

コロナに打ち勝った証としてのオリンピックの可否を、ファイザーその他の外国の製薬会社頼みだなんて情けないとしか言いようがない。

とにかくオリンピックに携わっている方々についてはお気の毒としか言いようがないけれど、リモートワークに対応出来る大手の正社員や、公務員の方々以外は、本当に厳しい時代になってしまっていて、到底4年に1度のスポーツの祭典にこころ躍らせる気分にはなれない。

インターネットでさまざまな情報が得られるこのご時世、、、本来アマチュアスポーツの祭典だったはずが、一部の委員の利益や、一部のメダリストが得られる莫大なインセンティブや、、、もちろんアスリートは命懸けで練習に励んでいるのも理解出来るけれど、そんなことが言ってられないぐらい悲惨な現状に苦しんでいる人が多くなってしまったのだ。

とりたてて我が国を卑下するつもりもないが、相対的にみてこの国は落ちぶれてしまっている。それなのにいつまでも、私たちが印象として持っているだけのステレオタイプな中国人たちをスケープゴードにして、日本の民度は高いなんて思っている。

でも現実は、、、そしてこれからは、着々と長生きが幸せとは言い難い時代に向かっているだけなのである。


と、こんなふうに世の中のことを考えたり、、、一方では、新しいお弁当箱を手に入れて、お昼のお弁当生活を始めたほうがいいかしら?なんてうだうだ考えたり。

そして今日Dが、プリンターの黒インクが切れたと言っていたので、後日楽天で注文しなくちゃとか、、、あとあと、久しぶりにネットバンキングで証券会社の口座に振り込みしようかしら?さて、いくら振り込めばいいかしら?とか。

そして、今日の食事は何を作ろうかしらとか。

そして、この寒さ。

動きたくない。考えたくない。面倒くさい。

休日は、すっかり拗らせてポンコツな自分がいる。

また新しい週が始まればシャキッとするのだろうか?

きっと自分が感じている以上にストレス過多になっているに違いない。

しかしどんな状況でもストレスはつきものだから、、、出来るだけ考えないのが一番なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました