腹立たしいこと

週の初めから嫌なニュースが飛び込んできた。

 JR東日本横浜支社と神奈川県、藤沢、鎌倉両市の4者は8日、JR東海道線の大船─藤沢駅の中間に「村岡新駅(仮称)」を設置することで合意した。開業は2032年ごろを想定している。

わたしは平日毎日この路線を使って通勤しているが、元々短い大船⇄藤沢間に巨額の予算を投じてまで新駅を作るメリットが全く感じられない。

まして今コロナ禍で、働き方が多様化している中わざわざ移動時間を増やすようなことをする必要がどこにあるというのだろうか。

うがった見方かもしれないが、オリンピックも然り、一部の人の利益のために、大多数のひとの生活が置き去りにされている。


森元総理の暴言に失望した五輪のボランティアの方々が400人近く辞退しているという。確かに、あの方の発言は単に女性蔑視という問題だけでは片付けられない様々な問題をはらんでいる。

昔学校の集会や卒業式で、ダラダラと長い校長先生の話を聞かされてうんざりしていたことを思い出した。本人は良かれと思い長い原稿を用意しているのだろうが、それよりも一定時間同じ姿勢でとどまっているのが辛かった。

森さんは、、、要は自分の意向に逆らわないイエスマンばかりに囲まれていればよかった。そしてたまたまそんな空気を読まず異を唱えたのが女性だったということだ。

わたしとDという小さな家庭の中でさえ、日々男女の考え方の違いで軋轢が生じている。ましてや、もっと上級な方々なら尚更それぞれの価値観で凝り固まっていて他者の意見など聞く耳は持たないだろう。

あの池袋で大事故を起こした上級なお爺さんも、、、きっと家族の助言など耳に入らなかったのだろう。何しろ自分は特別だから。

今回ボランティアの辞退を受けての二階幹事長の発言も更に国民を馬鹿にしている。

「どうしてもお辞めになりたいということだったら、また新たなボランティアを募集する、追加するということにならざるを得ない」

とな。まるでブラック企業の経営者のような発想だ。ボランティアはあんたの駒じゃない。自分は汗もかかず高みの見物で、下々の者たちには国民の義務を果たすべきと言っているようなものだ。

今では本人が言ったコメントではないことが判明しているが、

「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」

あのマリーアントワネットが言ったとされる迷言はあまりにも有名だ。

これほど、飢餓と重税に苦しむ国民の貧しさを1ミリも理解しようとしない、傲慢で贅沢三昧な上級の無教養ぶりを端的に表しているセンテンスもなかなか見つからないだろう。

どこぞの国の幹事長の発言もこの言葉に通じるものがある。

一方で、森さんという人は、あの暴言はともかくとして、周囲のひとにはとても義理堅く信頼が厚いという評判なんだそう。だから、余人をもって代えがたい存在なのだという意見もあるらしい。

その真偽はともかく、森さんが余人をもって代えがたいというなら、こんな何の見返りもないオリンピックのボランティアに応募してくださっている方々だって、余人をもって代えがたい方々なのではないだろうか。

最近いい加減うんざりしている。

ミャンマーでまたもや軍事クーデターが起きて、アウンサースーチーさんが拘束されているという。一見彼女が気の毒にも見えるが、彼女自身も、ロヒンギャ難民の件では非難されても仕方のないことをやっていたのも事実。

ここでわかるのは、ひとは一度上流にいってしまうと、いつの間にか初心を忘れ、自分だけは特別だと思ってしまう生き物だということだ。

でもね、そろそろ普通の国民も怒ってもいいと思う。怒るっていうのは何も暴徒と化すとか、誰かをスケープゴードにして袋叩きにすればいいってことではない。

身近にあるどんな些細な問題も、見て見ぬふりをするのではなく、時には立ち止まり注視する。そんな姿勢を持つことから始めればいいのではないか。


さてさて、本日新しいお弁当箱をお披露目です。噂に聞いてはいたけれど、わっぱに入れて食べるご飯は本当に美味しい。手入れは若干面倒だけれど、これまた大切に使っていきたい。

またまた焦っていたせいでいろいろとっ散らかっているのはご愛嬌。

コメント

タイトルとURLをコピーしました