悪循環

仕事をしているといろいろあることは分かる。しかし最近他社さんとの絡みでしょうもない気遣いをしなければならないのことが、じわじわとボディブローのように効いてきている。

次から次へと手配書を作成し、都度何十台の車両情報や、本船名を打ち込んでいくが、たまにスペルミスなどがあると、鬼の首を取ったように差し替え云々と言われてしまう。

ミスはいけないのは分かるが、システムで入力ではないのでミスはあるだろう。しかも現場から上がってくるはずの在庫表が近頃はなかなか上がってこなくて、それをもとに書類を作成するこちらが、それを指摘しようものなら、こっちは忙しいから催促するなと逆ギレされる始末。

在庫が確認出来ないと書類を展開することも出来ないのに、それをギリギリまで待たされ、その間に別な仕事も積み上がりとんでもないことになっている。

まあ事務所内では、なるべくピリピリしないように笑いを誘う雰囲気に持っていってるがそうでもしないとやってられないってのも疲れる。

どんな仕事をしていても嫌なことはあるし、それを含めて仕事なのだと分かってはいるが、、、いろいろと納得のいかないことが多い。

それと女性特有の体調のこともあり、内心キーっとなっている。

まあこうやっていろいろと痛い目に遭うから覚えていくことも多いと諦めるしかないのか。

有休も自由に取れない、典型的な昭和のブラックな会社。

ここは少し投資の資金稼ぎと割り切って早々に離脱する準備をしたほうがいいかしら?なんて考えている。

だが待て、以前の仕事はもっと酷かったではないか?それと比較するのは極端かもしれないが、、、今はたまたま体調が悪く、そこに忙しさが相まって悪循環に陥っているだけだ。

そう冷静に冷静に。ひとつひとつ着実にこなしていくしかない。

こんなふうにもやもやし始めたのもそれだけ仕事が見えてきた証拠でもある。今までは無我夢中で言われるがままにやってきたが、自分なりの工夫が出来るようになってきたと思う。

しかしそれを快く受け止めてくれる人ばかりではないことも分かってきた。

いつまでもここにとどまりたくはない。じゃあどうすればいい?と考えるともっと今よりも仕事の質を上げて、文句を言わせないくらいにしていけばいい。

それでも難癖をつけてくるならば、さっさと辞めてやると思うことにした。

とりあえず頑張ってみる。

逃げ出したところで元の木阿弥なのだから。

さて、今日はお姉さん先輩が調達してくれたお弁当♪

スパイシーでメキシカンな思った以上にインパクトのある味だった。半熟卵好きには堪らない目玉焼き、、、苦手なわたしもそこそこ美味しくいただけました。

今日はいろいろとうまく捗らない一日だったので、このお弁当を注文して気分転換出来てよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました