婦人科で

最近は毎月恒例になっていた婦人科の診察を受けてきた。

今回は、前回の六度目の注射後の経過観察だ。先生が前回の予約をする時に採血をすると言っていたので、予約時間より1時間くらい早めに到着。受付を済ませて出力された用紙を見るも採血の予約が入っていない。婦人科の受付でそれを確認すると、暫くして、採血ありますとのことで、採血の窓口でも受付。

貰った番号が119番でなんとなく吹いた。その時点で呼び出されているのが90番前後だったのでかなり混んでいるようだ。

結構な時間待たされたのち、採血を済ませて、ようやく婦人科で受付。またそれから1時間後、やっと順番が回ってきて、内診となった。

結果は、、、貧血もかなり改善していて、問題の筋腫もふたまわりぐらい小さくなったらしい。3ヶ月後また経過を見ましょうということとなった。

とりあえず子宮筋腫の件はひと段落といったところか。

3月まで診察がないので助かる。今の職場事情だと遅れて出勤するのがとても心苦しいので。

そういえばなるべく気にしないようにしているが、テンパる先輩が、自分のミスを私のミスと勘違いしてちょっと困っている。

ただ前の職場人たちと違って意地悪な人ではないので責められる訳じゃないが、イラッとした感情がストレートに伝わってくるのでちょっと気にはなる。

はっきりとした事情は分からないが、旦那さんはいるようだが、彼女は今実家暮らしで、娘2人を扶養しているらしい。

いつも遅くまで残業しているのもそのあたりも関係しているのかもしれない。

経理のお姉さん先輩が天真爛漫に喜ぶので旅行の話などよくするのだが、少し控えたほうがいいかもしれないと思いはじめた。

自分にそのつもりがなくても、人は何にイラッとするか分からないから。

今でこそ私も自由気ままに生きているように見えるが、少し前までは、死にたくなるほど病んでいた。

そして上を見ればキリがないし、下を見てもキリがないことも身をもって体感してきた。

少しでもこの平穏な日々が続けばいいなと思う。

おそらく何よりそれが、心とカラダの健康に繋がっていくのではと思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました