仕事納め

昨日の作りかけの年間スケジュール表を手直しして完成。それから搬入写真をDL後、お客様のデータスペースに一部振り分けて私の本日の事務仕事はほぼ終了。あとは今月の日報を残すのみとなった。

今日は少し気合を入れる為にエプロンを持参した。前の職場で使っていたものだ。ほんの数ヶ月前まで仕事中はずっとエプロンと手袋を手放せない時間を過ごしていたのでちょっと懐かしい気持ちだ。

掃除、、、これがなかなか厄介だった。使わないシロモノを処分すればスッキリするのにお姉さん先輩はなんでも取っておきたいタイプなので掃除がしづらいのだ。

とりあえずブラインドの掃除やベランダを箒で掃いたりしてやってる感を出してみた。

そうこうしてる間にあっというまに時間は過ぎてお昼になった。社長を含めた全員でランチかと思いきや、某有名店のお弁当だった。豚は苦手だがヒレ肉なので食べやすかった。

食事しながら来年の仕事絡みの話をしたり。社長がいるとなかなか緊張する。

そこで出た話。来年もコンテナ不足が続くらしい。

今、中国の電力事情が悪くなっていて停電になる場所があったりする。原因は一概には言えないが、ひとつの要因としてオーストラリアからの石炭の調達が滞っているところから来る原材料不足だというのは知っていた。

そして、それにより中国向けのコンテナの需要が増え、一応コンテナの増産もしているが全く追いつかないらしい。それとこのコロナ禍で貨物の輸送にもかなり影響が出ているようだ。

ここは小さな会社だが、それでも世界と繋がっていると感じられて楽しい。

来年はもっとたくさん勉強して皆様のお役に立てるようになりたいと思った。

昼食後、社長からお許しが出たので、作業日報を出力して、それぞれの方に挨拶して仕事納めとなった。明るい時間に会社を出て帰宅するのは久しぶりだ。

途中、成城石井に寄ってちょっとしたものを買って家路についた。

気を張っていたのだろう。玄関から家に入るや否や酷い眠気が襲ってきて夕飯まで眠っていた。

眠るってなんてステキなコトだと感じる。眠りそのものというより、今年一年の頑張ったという充足感がそうさせるのだ。

あー余は満足じゃと言いたい気分だ。

今年も残すところあと少し。コロナがこれほど世界を変えてしまうなんて一年前は思いもしなかった。来年の今頃はどんな気持ちで迎えられるのだろうか。

願わくば、今と同じ職場で年末の大掃除をして、今年はいい年だったねと言えたらと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました