猫の手のように

今日は先輩たちが猫の手も借りたい状況に陥ったので、私が猫の手のように駆り出された。

うわーとなりながら、船会社に問い合わせの電話をしてみたり、多分通関士さんに意味不明なコトを言ってしまった場面もあったに違いない。

それでも仕事が捌ききれず、残業してヤードに送るMARKを作成してメールで送信。

私はもう帰宅しているが、先輩のひとりは私が会社を出る時はまだ残ってお仕事中だった。

目が回るような忙しさというか、本当に忙しくて目が回った。

なんでこんなことになったのかよーわからん。しかし、かなり問題が山積してるのは間違いない。

もう少し時間があればExcelシートの改良を検討したりいろいろ出来そうな気もしているがいかんせん時間が無さすぎる。

明日は恒例の大口顧客のオーダーが入る曜日なのでまたまた忙しそうだ。

そんなこんなで家に帰るとこちらもちょいと用事を言いつけられたが、食事をして薬を飲んだら、ブログを書きながらまた寝落ち。

どんなカタチでも、眠ることが一番の薬。

コメント

タイトルとURLをコピーしました