赤ワインの有効利用

中川政七商店でこれをみつけた時、家にストックされている赤ワインたちをことを思い出した。

好みはそれぞれと思うが、友人が赤ワインが苦手なのでわたしも感化され、ついつい白やスパークリングやシャンパーニュを飲むようになっていた。

おかげでセットでお取り寄せしたワインの赤だけが取り残されているという残念なことになっていた。

ということでこの際コスパは度外視して、サングリアを作ってみることにした。

作るといっても、容器にサングリアキットと赤ワインを入れてひと晩寝かせるだけのお手軽な作業♪

全く知らずに購入したのだが、こちらはあの知る人ぞ知る、奈良の「堀内果実園」というところで製造されているステキな逸品だった。

1袋でハーフボトルサイズのワインということで、当然ながらフルボトル用に2袋使用♪

こちらのワインの値段は失念してしまったが、キットのほうが高いかも。あはは。

容器は、無印の冷水筒を買ってきた。これは縦置き横置き自在なのでとても便利。

そして、これらをミックスして冷蔵庫に入れて、警視庁ゼロ係を見ながら一眠りして、AppleとQQQを売却して、昨日買った株をもうひとつ。

うーん。どうかな?分からん。でも来月まで持ち越せば権利落ち後に持ち株が分割されるっていうのが面白そうだ。

このところ流石のダウも軟調で、投信もひと息ついたところ。でも値が下がればより多く買えるってことでもあるから、それはそれで淡々と買い増していけばいいだけのことだ。


そんなこんなをしているとあっという間に時間は過ぎていく。ネットバンキングで証券会社の口座に入金しようとしたら、メンテで不可になっていた。あー残念。

そして、冷蔵庫に入れたサングリアをチェック♪

おおーなかなかいい感じ♪

これをオサレなグラスに注いで飲んだらテンションがあがることうけあい。

緊急事態宣言が解除され蔓延防止に移行されたが、飲食とくに酒類の提供に関しては厳しい状況が続いている。

超めんどくさい。東京は2人?神奈川は4人まで?そして、酒類提供は19時までとな?アホかと思う。この歳になってあれやこれや指図されたくないっつーの。

とは言え、それに反発したところで気分が悪くなるだけなので、せいぜい家飲みを楽しむにとどめておくとしよう。

それにしても、こんな状況でオリンピックが行われようとしているのだから呆れてもうどうにでもなれ?と内心思っている。

やればやったでそれなりに楽しめるのかも知れないが、少なくとも以前のような気持ちでアスリートたちを応援出来るかと言えばそれは無理だと言わざるを得ない。

子供たちに夢と感動を与えるためになんて、どこかの国の偉い人が仰っていたけれど、果たしてどれだけの子供たちがオリンピックから夢と感動を与えられるというのだろう。

それよりも一日も早く、この暑苦しいマスク生活から解放されて、安心して暮らせるようにしてもらいたい。

そして夢や感動は誰かに与えられるというより、己の感性の赴くままに発現するもなのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました