お茶会

今日は茶論で初級コースのお茶会。

二十四節気では今日までが春分。

本日の干菓子は、花紅と蝶々。花紅柳緑という四文字熟語を表現した煎餅と、春の季語の蝶の押物という組み合わせで、春のイメージを現しているのだという。

今月のお茶は玉露。一煎目は甘く。

二煎目は少し苦味が。わたしは苦味があるほうが好きかもしれない。

二回煎じた後のお茶の葉にポン酢をかけて食した。想像していた以上に美味しくいただけた。少し歯応えのある春菊のような味がした。

私と同じ生徒さんとペアを組んでお互いのイメージにあったお道具を選択しておもてなし。

本日の主菓子は、千本桜。

今回は全体的に時間が足りない気がした。若しくは段取りがいまひとつなのか。

まあそれなりにかな。

とにかく高尚な趣味の世界はお金が掛かるように出来ている。

どこかで歯止めを掛けないとキリがないことを知っているので、とりあえずは今回の初級コースをもっていったん一区切りとすることにした。

次は何をやってみようかしら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました