わたしのお気に入り

こんばんは徳川家康です(近頃、晴天を衝けの家康くんが気になっています)

冗談はさておき、最近のわたしの一番のお気に入りは「中川政七商店」さんです。

先日もオンラインサイトで福袋を購入したり、使い勝手のいい花ふきんも何枚も買い増しして、毎日のお弁当包みとして愛用しています。

そんな今やわたしの生活に欠かせなくなっている中川さんがあるTV番組の特集としてとりあげられることになりました。

日付が変わったので本日8日オンエアです。

番組名:「日経スペシャル カンブリア宮殿」
放送日時:2021年7月8日(木)23:06~23:55
放送局:テレビ東京6局ネット〈テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送〉
※7/9よりテレ東BIZ・Paravi、7/16よりTVerで見逃し配信予定

東京ではまたもや緊急事態宣言が発動されたが、オオカミ少年の声を聞いているような気持ちにしかならない。

わたしのところにはまだワクチン接種券すら届いていない。呆れを通り越して、正直どうでもいい気持ちになってきた。

オリンピックに出場されるひとは頑張ってと思うけれど。今回TVはそんなに観ないかも。

なぜなら、きっとTVをみても、どこが安心安全なの?ってツッコミどころ満載すぎてドラマの本筋が入ってこないように、きっと応援に身が入らないと思うから。

選手の方々はこの日の為に頑張ってきたのだからという意見もあるだろう。

しかし頑張ってきたのは選手だけじゃない。名もなき普通のわたしたちだってそれぞれに頑張ってきたのだ。

もう今となってはすっかり昔のことのような話だが、「100日後に死ぬワニ」の騒動なんてのがあった。

どうしてあの件がネット上でいろいろと物議を醸したかといえば、あたかも自然発生的に起きたかのように装って、実はガッツリ、某広告代理店の仕込みでしたってことが露見しちゃったからよね。

そこでわたしたちは学習してしまったのだ。

今の世は誰かに仕組まれた感動の押し売りが蔓延っていることを。

そして、いつまでも能天気にそんなものに踊らされたくないと思い始めちゃったのよね。

そんなことがあって、このオリンピックだ。

普通の感覚をもってしても、デルタ株に置き換わっている状況下で世界中からアスリートやその関係者たちを集めるなんてとても正気の沙汰とは思えない。

でも、そんな常軌を逸した状況でもこのイベントを開催したいグループがいるってことなのよね。

若者だけじゃない。普通の国民だってもうそういう白々しい用件に付き合っていられないのよ。

何が安心安全だ。何がコロナに打ち勝った証だ。冗談も休み休み言えっつーの。


加えてワクチン接種したひと、接種券が届いたひと、届いてないひと。在宅ワークが出来るひと、出来ないひと。

ほんの些細な立場の違いが積み重なってボディブローのように、それぞれの心の分断を生み出している。

そんな中、どうして中川さんに注目しているかといえば、長い年月を掛けて育まれてきた伝統を、、、こんな一時しのぎのような行き当たりばったりな風潮に流されて失いたくないと思うから。


今日の米国市場、ダウは不調、NASDAQはGAFAMが相変わらず強いのかな。コロナ禍でも、アフターコロナになったとしても、どう転んでも、おそらくわたしが生きている間にGAFAMがいない世界なんて考えられない。

日本にもそんなずっと在り続けられるような産業を見つけていかなければと思う。

おばさんは、せめて食べたり、使ったり、誰かに紹介したりして、いまこの国にある伝統工芸の技を応援していきたいと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました