これでおしまい

最終日続きです。さて車はどこに向かっているのでしょう。

今度は黒酢の壺畑の見学です。

ここからも桜島が見えるのですね。こちらの壺さんたち、毎日桜島を見ていられるなんて幸せです。こんな環境で作られた黒酢だからきっとカラダにも良さそうです。

せっかくなので併設のレストランでランチしました。朝食べすぎたので友人と少しずつシェアしていただきましたよ。

酸辣湯麺にサイドメニューをあれこれ頼んでみましたが、どこれもボリューム満点でそれぞれセットで頼まないで大正解でした。

鹿児島にきてひとつ感じたことは、とんかつのお店でもそうでしたが、関東と比べて全ての量が多いということです。こちらの酸辣湯麺も、関東で同様のものを食べた場合の2倍くらいありそうな感じでしたよ。

個人的には水餃子がお勧めです。皮がもちもちでかなり具沢山です。酢豚が美味しかったのは言うまでもありません。ここはボリューム満点なメニューが多く、ファミリーで来られても安心して食べられるレストランだと思いますよ。

そのあと友人はまた向かいました。

霧島市にある霧島町蒸留所にお邪魔しました。こちらは、かめ壺焼酎明るい農村の製造元でございます。明るい農村という名前ですが、昔NHKでそんな番組がありましたがその番組とは全く関係ないそうです。

とにかくここは景観が素晴らしいです。

夏の夜には満天の星空とホタルをみることが出来るくらい空気が澄んでいます。

こちらでは、ブルーベリーの栽培を行なっていてお酒も作っているそうです。夏の暑い盛りに収穫するのでとても大変ということでした。

壺とかタンクとかそういうものまで美しく感じます。

展示物のイラストも可愛いですね♪

こちらの焼酎も試飲してみたかったですが、友人に悪いので諦めましたよ。

さてこれからは霧島神宮に向かいます。

あの君が代のさざれ石です。

友人的には少し早いらしいですが、そろそろ空港にむかうことにしました。

これで桜島も見納めでしょうか。

レンタカーを返却し鹿児島空港に到着しました。今回はANAのプレミアクラスなのでラウンジも利用出来ます。

普段JALのサクララウンジを利用しているせいかちょっと物足りなく感じました。トイレがひとつしかなかったのが一番残念でした。

ビールもスーパードライだけだったので友人は焼酎ばかり飲んでました。

わたしは野菜ジュースとビール飲みました。

今回は最後まで6にご縁があるようで。

こちらの機材はA321のNEO型でした。プレミアクラスはその中の8席です。

いつもは友人がバタバタとビールとおつまみを持ち込んだりしますが、今回は一応夕飯と飲み物がつくのでのんびり出来てよかったです。

機内食はANAのほうが好みです。

1時間半くらいのフライトなのであっという間でしたが旅の締め括りとしては十分すぎるぐらいでした。

家に着いたときには流石にくたびれ果てました。

最後に霧島神社で貰った御朱印を見ながら旅の思い出にひたるとしますか。

今回新しい御朱印袋をいただいてきました。

こちらの記事を読んでくださった皆様の無病息災とご多幸をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました