経過良好

今日は早速仕事を休み朝イチで採血してきました。

前回から担当の爽やかイケメン先生が開口一番、

「よかったです。白血球はほぼ正常値で、CRP(炎症反応)も3.25まで下がってきているのでもう大丈夫ですよ」

と言ってくれた。あともう一度診ましょうか?と言われたのですが、今月末で仕事を辞めるので来月新しい保険証(国保)が発行されるまで多少時間が掛かりますとお答えしたら、月末近くの婦人科の外来の先生の判断で大丈夫でしょうということになった。


昨日久しぶりに仕事に行って感じたこと。会社が今までのような広さのスペースの土地を借りられなくなったことが痛い。

そのうえ船の出航は遅れ気味でどう足掻いても車の入庫が厳しくなっている。少ない仕事をちびちび回すなんてわたしの性分に合わないので、わたしの退職は会社にとってもわたしにとってもWIN-WINなんだと思えた。

しばらくは心の静養に努め年明けから新しい道を模索したい。

息子はせっかくだからブログをもっと作り込んで収益化したら?なんて言っていたけれど、それに捉われてしまうと自分の好きなことが書けなくなる。そんな懸念があるのでやめておこう。

もちろん立派に収益化されているブロガーさん達はすごいと思うけれど、収益化することだけが正解だとは思わない自分がいる以上、今の気ままを続けられるだけ続けて、あとは野となれ山となれだ。

あるブロガーさんの記事を読みながら感じたこと。どうして日本は勤勉や節約だけが美徳とされるのだろうか。

楽して稼ぐことや贅沢は悪なのだろうか?いやそんなことはない。どんなひとにも必ず老いが来て、以前のように働けなくなる時がやってくる。それでも今の日本では70ぐらいまでは働かなければいけないような風潮になっている。

でもわたしは出来ればそんなに働きたくはない。働かなければ今の暮らしを維持出来ないかもしれないが、それならそれでいいんじゃないだろうか。

おそらく今はまだココロとカラダの健康が万全ではないから余計そう思うのかもしれない。


さて、話は変わるが今日もまた診察後、お気に入りの担々麺を食した。

この担々麺は見てのとおりクリーミーで四川風というより花椒の香りが高い洗練された中華麺といったところか。味が優しいのはやはり病院という場所柄であろう。

このあとDOUTORによって食後のお茶とケーキを食べようかと思ったらケーキのお値段が意外に高いので、それなら大船で別なスイーツを入手して家で美味しい紅茶と一緒にいただいたほうが良さそうな気がした。

早速、大船駅のMASION CACAOを覗いてみたら、ピスタチオのショコラとこちら限定の生チョコパイがあったのでDの分も買って帰った。

食べる直前に温めて食べると出来たての味が楽しめるということで試してみた。

ホワイトチョコカスタードが美味しいのは言うまでもない。スイーツが不得手なわたしは表面が甘くなくてもよかったかもなんて罰当たりなことを考えてしまった。

それから最後に、昨日ニアちゃんがお友達のお家で宿泊訓練をしている様子が送られてきた。

なんて可愛いんでしょう。わたしがプレゼントした服を着ているので余計嬉しくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました