2月のCOSTCO

極めておっさん的なおばさんのわたしは、sweetsより酒のツマミ系を好む。

お酒もどちらかと言えば辛口が好きかしら。でも奥行きの深い味なら基本的にはなんでもごされだ。

本日、COSTCOの試飲コーナーでは、アイスワインを紹介していた。逃げ恥ファンなら記憶しているかと思うが、ゆりちゃんが、みくりに贈ったちょっとお洒落なデザートワインがそれだった。

わたしが、アイスワインに出会ったのはNY旅行のついでにバスでナイヤガラフォールズに行って1泊した時だった。元々アイスワインはヨーロッパで作られていたものだったが、温暖化などの影響なのか安定して生産するのが段々と難しくなってきたことから、職人たちがカナダに移住したあたりから徐々に広まっていったのだという。

その時は試飲さえさせてもらえず、この国境の免税店で買うのが一番安いですよと言われるがままに買った記憶がある。

味の違いなどどうでもいいDに渡したところで安い缶チューハイと同じような勢いで飲んで終わりなだけなので、健康にいいよといってメープルシロップをお土産にした記憶が甦ってきた(遠い目)

ちなみにわたし達はそれぞれ別々のタイミングでNYとナイヤガラに旅行している。

Dはその時はまずTOKYOからLAに飛んで、そこからレンタカーでラスベガスに移動、グランドキャニオンツアーにもいって、今度は長距離バスでまたLAに戻り、エアの国内線でNYに行った。そして、NYでは自由の女神、メトロポリタンと近代美術館、スタジアムでヤンキースの試合を観て、また飛行機に乗って日帰りでナイヤガラ観光に行っていた。

わたしたちはというと、当時はいい時代だったので、わたしは貯めたマイルでTOKYO⇄NY間をCクラスで往復した。そして当時はCクラス以上限定販売の森伊蔵を入手して気を良くしていた。

帰国してからメルカリ好きな娘に売ってもらってなかなかいい値段で売れたような記憶がある。

なので、実は森伊蔵を飲んだことはない。

おや?わたしはなんの話をしていたのか?そうだ。アイスワインだった。


ごめんなさい。すぐ旅の思い出話で脱線してしまうのがわたしの悪い癖。

そう、そのナイヤガラで入手したアイスワインを飲んで以来、、、何年かぶりのアイスワイン、しかも試飲。COSTCOって太っ腹♪

ただのワインと思えば割高だが、アイスワインと思えば破格の2000円台なので、2本買っちゃいました。1本は自分、もう1本はこの価値が分かる誰かの為に。

それから、今日はもうひとつ珍しいものを発見した。ミルクプリンのチョコレートバージョンだ。どうやらこれも期間限定ということなので、1本は自分、もう1本は娘家族に。

あとは、卵、パンパース、お尻拭き、おむつポットのカートリッジ、トイレットペーパー、ミニカマンベール、黒酢、プロシュート、リンドール、お寿司、ささみ、アズマヤの納豆(豆が有機栽培バージョン)、あとあのたくさん食べられる葡萄。

帰る途中、娘宅に寄って荷物をおろして帰宅。うーん、なんだか疲れたかも。

2回目の洗濯をして、ゆで卵を糠床にセットしてみた。そろそろ漬けても良さそうな気がしたので。

少し寝るかな。

記念にアイスワインとチョコレートプリンをパチリ。

そうだ。明日はバレンタイン。すっかり忘れていたが、たまたまリンドールとGODIVAのチョコを渡したので、義理息子が喜んでいたらしい。わたし的には、義理息子のことは全く頭になく、娘家族へのお土産ってだけのことだったのだが。あはは。

そしてもちろん、Dにあげるつもりもない。Dはお客さんからもらうことが多いのでわたしがあげてもお金の無駄な気がするので。

バレンタイン事情も人それぞれよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました