不本意な一日

あさ目が覚めて起き上がった途端ふらふらした。ゆっくり動かないとひっくり返りそうな揺れ具合。どうやらわたしのまわりだけ地球が揺れているらしい。

ということで、今日は鉄剤は中止。Dに朝食を出して、息子と最寄りのショッピングモールで待ち合わせる予定になっていたが若干出発が遅れたので、先に並んで貰った。10時を5分ぐらい過ぎた頃、列に並ぶ息子を見つけたが既に長蛇の列。

予約を入れたら確実なのは分かっていた。しかし、すでに予約は4月半ばまで埋まっていたので朝イチでauショップに並んで番号を取るしかなかった。3時間待ちですと言われたが待つしかなかった。

私は家に帰りたかったが、息子は待っていると言ったのでモールにとどまることにした。

普段から買い物に時間の掛からないわたしに3時間はきつかった。

しかし、3時間過ぎても呼び出しが掛からなかったので、とりあえずauショップに行って様子を聞いてみたらあと2組だけど、予約のお客様さんの間にいれるので暫くお待ちくださいとのこと。

仕方がないので、ショップ内で待つことにした。

それから、約1時間半後にようやく手続き開始。終了した頃にはもう17時近くになっていた。

それからスーパーで買い物を済ませて、家に戻って、息子が確定申告をしている間にiPhoneのバックアップから初期化を済ませた。

息子が家に帰ったのは18時半ぐらいだったかな。とても長い1日だった。

さて、どうして息子が確定申告する必要があるかと言えば、数年前に株で損失を出したので、損失の繰越控除が必要だったから。控除は3年出来るので、あと1回残すのみとなった。

それにしても残念な1日だった。

そして、それに駄目押ししたのは、Dのひとこと。

「ご飯はまだか」

軽く殺意がわいたのはいうまでもない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました