機内食

今日やっと去年の年末に会社からお裾分けで貰った冷食を消費した。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが去年12月からANAが機内食通販を売り出したところ、約1ヶ月で約5万食完売したそれだ。

わたしがいただいたのは、「タンドリーチキン風サフランライス添え」

12食入りで通常価格9000円で販売されているようだが、売り出せば即日完売状態だという。

JGC会員のわたしは、基本的にはJAL派だけれど、機内食はエコ、ビジネス共にANAに軍配が上がると思っている。

そもそもエコノミークラスの機内食は特別美味しいものではない。しかし、短距離なら1度、長距離路線なら最低でも2回はサービスされるものなので、特に日本から出発される便だと、、、出てくるだけでテンションが上がる不思議なアイテムなのである。

さて、わたしが食したタンドリーチキンとサフランライスはというと、、、スパイスが効いていてなかなかイケる。これに、ビール若しくはスパークリングワインにバゲット、サラダをつければ更に気分は盛り上がることだろう。

このところDに好物を奪われているのと、そろそろ賞味期限的に怪しくなっていることもあり、この月末の日曜の夜に実食する運びとなった。


今日の昼間は、娘から酢飯から細巻きと太巻き作りを教えてと頼まれていたので久しぶりにやってみた。まず最初に待てない孫の為に、納豆巻きを作ったのだが、孫が暴君ぶりを発揮したので、悠長に写真撮影している場合ではなかった。

それから鉄火巻きや、ネギトロ巻き、いろいろと作らされたので3合の酢飯はあっという間に消えていった。

そういえばもうすぐ、恵方巻きじゃないですか?そしてその先にはひな祭りがあって、ちらし寿司ではありませんか。

どちらも平日で手作りを味わう余裕は無さそうなので、なんでもないこの日曜の昼下がりに予行演習をしたと思えば悪くない。

このところキッチンの断捨離と並行して、カラフルな色の布巾を何点か入手している。それもモチベーションをあげるのに役立っていると思う。


ところで今日は、忘れないうちにホテルの予約を一件キャンセルした。緊急事態もまだ終わりそうもないし、Go Toもいきなり再開とはいかないだろう。

家の外に一歩踏み出せば、市中感染が気になるこのご時世なので、みんなピリピリしている。海外はおろか国内旅行ですらままならない世界が、あとどれくらい続くのだろう。

そしてこの状況が収束したとして、、、バブル時代と比較すると驚くほど減っている国民の可処分所得。

一食750円の冷凍の機内食が完売する一方で、ワンコインにも満たないお弁当がやっとという方々もいらっしゃる。

わたしだっていつどんなふうになるかなんて分かりはしない。

旅に出たい。この生きづらい世の中から逃げ出したい。でも逃げることは出来ない。

エコノミーの機内食を味わいながら、、、機内販売やヘッドホンで映画や音楽を楽しんでいた日々を思い出す。

ちょいと涙が溢れそうになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました