スポンサーリンク

今日の受診は婦人科でした

先月の七夕(7月7日)に交通事故に遭ってから、なぜか病院とご縁が続いているようで、、、今日は久しぶりに湘南鎌倉総合病院にいってきました。

人間関係にも相性があるように、この病院はわたしにはとても相性のいい病院です。

しばらくぶりでしたが、拡張工事が完成していて更に快適になりました。大船駅への無料送迎バスの発着所もすっかり整備されて利用しやすくなりました。

地元の市立病院の採血が1時間以上待たされるのがざらなのに比べると、ここはほとんど待たされることなく順番が回ってきます。今日は診察前に腹部エコーの予約も入っていましたが、これも採血を済ませたらすぐ呼ばれました。


先日、別な病院で胃の内視鏡検査を受診する前に、感染症に罹っていないか血液検査をしたのですが、その時の採血の看護士さんはひとりしかいなくて、しかもとても手際が悪く、、、わたしが最近採血しづらい体質になってしまったこともあって、3回も針を刺しなおされました。

そんな病院に比べると、この病院のスタッフさんたちはどなたも採血の手際がよくて一度も注射針を刺しなおされたことなどありません。

実は辻堂駅前には同じ系列の病院があるのですが、ここは以前から評判が芳しくなく、先日の交通事故で救急搬送されたあと、翌日受診しようと受付に行ったら、相談窓口にいた看護士に、「今日の予約受付時間(10:30)が終了したので帰ってください」と、かなりの塩対応をされました。

前日、救急で運ばれた時に、医師から「また痛みが続くようならいつでもきてください」と言われたにもかかわらずです。

とにかく受付時間が過ぎたの一点張りで、わたしが「痛いからここに来ているのです」と言っても、「我慢して明日改めてくるか、他の病院に行ってください」とまで言われました。もう最悪でした。

おそらくこの病院に行くことはもう二度とないでしょう。

とまあ、同じ系列の病院だからと言ってスタッフの質はいいとは限らないんでしょうね。

とにかく、わたしのお気に入りの“湘鎌“とは雲泥の差でした。

で、肝心の受診結果ですが、概ね良好なようで、筋腫の肥大化もなく貧血も正常の範囲内におさまっています。このまま生理の出血がだらだらと続くようなことがない限り、また年明けにでも診ましょうかという話で終了しました。

ということで、ひとまず子宮筋腫のほうは大丈夫そうです。そして安心するとお腹が空いてきます。

ここではいつもレストランお勧めの坦々麺を食べています。このレストランは、ミシュランで星をもらったお店が運営していることもあり、何を食べても美味しいです。

お腹が満たされたのでバスで大船駅まで戻り、、、今度は大船駅のスタバで山梨の地元フラペチーノを頂きました。

いちご、メロン、もも、とくれば、あとはぶとうでしょう♪

これは安定の美味しさです。芳醇なぶどう独特の酸味のあるソースと、甘さ控えめのホワイトチョコレートのバランスがとてもいいです。

今日は二の丑なので、じいじには鰻のお寿司を少しばかり買って帰ることにしました。

今朝雨が一旦止んだタイミングで、庭の作物の収穫をしました。きれいなオクラが採れました。

トマトもきれいですが、オクラのカタチもなかなか素敵です。

野菜ってなんて美しいんでしょう。ちょっとうっとりしてしまいます。

そして明日は、、、再検査の結果を聞きにまた病院に行ってきます。

ふと、今日の記事を振り返ってみると、病院に行くこともまるで旅をしているようでした。

そういえば内視鏡検査の時も鎮痛剤を入れて目覚めるまでの記憶が全くないぐらい快適でした。

きっとわたしが生まれたときも、母親は苦しんでいたに違いないのですが、当然ながらわたしには何の記憶もありません。出来れば自分が亡くなるときもこんなふうに、なんら痛みを感じないほうがいいのですが。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ランキング参加中です。ポチリと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
幸せのネタ帳 - にほんブログ村

lifestyle
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きょうをフォローする
幸せのネタ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました