喝采!!!12人の粋な役者さまたちへ

先日、自身の記事”同調圧力と・・・”でも触れたことですが、エンタメ業界は未曽有の危機に見舞われています。しかし私見としては、国家に助けを求めるだけではなく、いかにエンターテインメントがこの世に必要なのか、自らの芸をもって示されたらどうかと苦言めいたコメントを掲載いたしました。

でも私でなくてもやはり、それ以上にそう思っておられる方々が大勢いらっしゃるのだと。。。とても嬉しく感じるような出来事がありました。

皆さんは、三谷幸喜さんをご存知でしょうか?なんておそらくよほどTV嫌いでない限り知らない人はいないと思うような方ですよね?私も以前から・・・いや恥ずかしながら、TVの「古畑任三郎シリーズ」や「振り返れば奴がいる」からなので比較的ライトなジャンルから入らせていただきました。がその後は、映画、舞台など本来彼が得意とするフィールドの作品も多数拝見させていただいております。

ただ、当初は子育て期間真っ最中であり、なかなか劇場まで足を運ぶことも出来ず、彼を押しも押されぬ脚本、演出家として有名にした作品の生の舞台をリアルタイムで見ることがなかなか出来ませんでした。

その中でも私が一番気になっていたのが、今回YouTubeでオンライン生配信となった「12人の優しい日本人」という舞台でした。文字通り、これぞ三谷組と言われる、東京サンシャインボーイズの面々を中心に、吉田羊さん、妻鹿ありかさん、渡部朋彦さんなど、もしかすると顔と名前が一致しない方もいらっしゃるかもしれませんが、実際映像をご覧になれば、現在国内で放送されているドラマには欠かせない実力派揃いなのは一目瞭然です。

今回はZoomというアプリを駆使し、おそらく数回程度のリハーサルを経て、ほぼ即興のような形でおこなわれた極めて実験的で斬新な試みだと思われます。東京サンシャインボーイズという括りでお芝居をみたことはなくても、2時間という長きにわたり、12人の役者さまたちが膨大なセリフをあたかも自分自身の言葉のように操り、まさにそこで繰り広げられる陪審員たちの激論をその場で見ているような臨場感を作り出せるなんて、、、感動なんて生易しいものでなく、感涙必至の舞台を見せていただいたという感じでしたよ。

そう、これぞプロフェッショナルというお仕事でした。しかもこれがYouTubeで無料で視聴出来るというのですからなんて素敵な企画なのでしょう。冒頭三谷さん、独特な語り口で役者さんたちにエールを送っていましたが、プライスレスでも絶対にいい加減にはやらないでくれという意図が伝わってきました。それが、皆様のプライドなのでしょう。そしてこれを見た私たちもただ受け取るばかりでなく、演劇という素晴らしい文化を支えていけるよう、暫くは我慢を貫き、、、でもいつか必ずチケットを購入し劇場に足を運んで皆さんに直接エールを送れるよう頑張らないといけないと思います。

私は、お芝居が終わり、一旦幕が降り、そして再び幕が上がりカーテンコールが始まったときの役者さんたちのリラックスした表情も大好きです。放送でもZoomの画面を閉じたり開いたりして普段なかなか見ることのないその表情を垣間見られるのもファンならずとも一見の価値ありだと思います。

この配信は、とりあえず5月中はYouTubeでご覧になることが出来るので、お時間がありましたら是非どうぞ♪

12人の優しい日本人を読む会

皐月晴れ天晴れ演者ここにあり称える神の天井桟敷

コメント

タイトルとURLをコピーしました