To be, or not to be.

To be, or not to be.

シェイクスピアの戯曲、『ハムレット』の中で一番有名なセリフである。

このセリフの一番有名な訳は、

“生きるべきか、死ぬべきか”だが、別の解釈もある。

“復讐を果たすべきか、やめるべきか”

どちらも捨てがたい。

同じ言葉でも、好みの問題や、その時の気分で全く違う意味を持つ。

私も時々立ち止まり、自分のことについて考えることがある。

生きるべきか、死ぬべきか。

今の私は、生きる価値があるのだろうか?それとも、、、。

なんだか生きる意味を見失ってる気がする。旅をしたいと思っても行けず、自分なりには最善を尽くしても報われず。

私はこれからも生きていていいのだろうか?それとも、、、。

私は、この家が大嫌いだ。でも、それにも関わらず、この家を出ることも出来ない。心は墓場の中に閉じ込められているようだ。

いつか人は死ぬ。もし今欲しいものがあるとしたら、自分の命の期限を知る時計が欲しい。

なんだか今日は何も考えたくない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました