苦笑

「Tさん」

悪魔のような声が聞こえた。

「はーい」

「JEBEL ALIのコンテナ、、、HAPAGで中古自転車で見積りとってくれる?」

「はーい」

ところがこともあろうか、HAPAGのサイトで見積もりを取ろうと何度試みてもエラー表示が出るばかり。

そういえば、前日別な代理店に依頼したManilaの見積の返事もこない。

「もうさぁー社長空気読んで」

と言えたならどんなに楽だろうか。

はっきり言って社長案件は仕事になっても面倒くさいだけで利益率も低い。

きっといい人なんだろうが、、、尊敬出来ない。

とうとう、船会社のサイトにまで嫌われたか?なんて思い苦笑してしまった。

実はこのところ少しずつではあるがコンテナのブッキングが取れるようになっていて、昨日も中古車のコンテナの予約をして今日Confirmation が取れたばかりだった。

それが今日サイトにアクセスしたらエラーなんだなぁ。

ばかばかしいので、

「社長、HAPAGさんのサイトがエラーで見積りが出せないので、月曜日でも大丈夫でしょうか?」

と言って退散した。

そして気がつけばもう定時を過ぎていたので、さっさと撤収してNEWoManに♪

実は今日、ビルケンシュトクでサンダルを取り置きして貰っていて、それを引き取りに行くことになっていた。

来週お出掛けするので、思い切って新しいサンダルを調達することにしたのだ。


残念ながら東京をはじめとする各地で緊急事態宣言が月末まで延長された。

ちなみに、JEBEL ALIは、UAEのドバイの港。おそらく知らない人も多いと思うが、去年開催が延期されたのはオリンピックばかりではない。万博も然り。

こちらドバイでは10月に開幕予定だ。
新型コロナウイルス感染拡大で1年延期されたが、世界屈指のワクチン普及を背景に準備は順調で、試験公開も既に終了。海外からの一般観客受け入れを断念した東京五輪とは異なり、海外客ら2500万人を隔離なしで受け入れる「完全実施」を目指している。


人口約290万人のドバイは、ペルシャ湾岸の砂漠が数十年で急成長した大都市。
欧州とアジアの中継地(ハブ)として投資や観光は地元経済に死活的に重要で、昨年7月には早くも観光客受け入れを再開した。
ワクチンはホテル従業員やタクシー運転手らにも幅広く普及し、UAEの接種率は今年4月下旬現在でイスラエルに次ぐ世界2位。
既に多くの欧米人客が保養に訪れている。


国の規模の違いがあるとは言え、同じ一年前に世界規模のイベントを延期した国が完全に復活し、着々と準備をすすめている中、わが国はまだPCR検査がどうとか?若者は外に出ないで等、延期を決めた一年前とさして変わらぬ目先だけの対応に追われている。

そういえば、NYのブロードウェイも9月に完全再開予定だ♪

本当に先進国の中で日本だけが完全に取り残されているということをもっと国民は知るべきだ。

そして政府には、何よりも国民の安全を担保した前提で、海外からのアスリートたちを受け入れるという当然の責務を果たしてほしい。

国民が国内のどこかに出掛けることすらうしろ指さされるような状況で、どうしてオリンピックアスリートだからという理由だけで、優先的にワクチンが接種されるのか?

元々アスリートの方々に個人的な感情は持ち合わせてはいないが、当のご本人たちにしても、ここまであからさまに不公平な状況になってしまうと、いつヘイトの矛先が向かうか分からないと思う。

うちの社長ではないが、偉い人はもうすこし空気読んでくれと言いたい。

弱い立場の人々がどれだけとばっちりを受けているか考えてみてよ。

つべこべ言う前に、さっさとワクチン接種を回せと言いたい。


はあ、ムカついてる。いろいろと。

今日もお弁当作り、オンライン英会話もやったよ♪

明日はCOSTCO行くぞー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました