仕事帰りに

わりと近くにお勤めしてる友人から連絡があり、たまには食事でもどう?なんてお誘いがあっので二つ返事でいってきた。

友人、、、NEWoMan横浜は初めてだったらしい。わたしを待つ間にいろいろと散策していたようだ。

食事処はどこがいい?なんて聞かれたが、これと言った拘りもなかったのでお任せしたら、『しらす食堂 じゃこ屋 七代目 山利』を選んだ。

このところお弁当にいただきもののじゃこ系を多用してることもあって特別感はないが、ちょい飲みのお供としたらなかなかいい感じよ♪わたしは梅酒ビアで。

茶論のお稽古をする土日祝のレストラン街はどこも混雑しているが、まだ緊急事態が解除されていない平日の夕方は空いてる。

店員さんも余裕ある接客でとても感じがいい。

仕事帰りに横浜の商業施設のレストランでのんびりお食事なんて以前には考えられなかった。しかもしかも、今日は本当にたまたまだったから。

昨日ゼロになったライフが7割ぐらいチャージされた。宿屋に泊まれたら満タンなのだがそれは贅沢な妄想にすぎない。

一都三県の緊急事態は近々解除されるのだろうか?友人は今月末近くの平日にディズニーランドに行くらしいが、抽選で第五希望がやっと取れたと言っていた。

巣篭もりを貫いているひとも居れば、適度な息抜きをしているひとも居る。

わたしはそれでいいんじゃないかと思う。ひとはひと、自分は自分。

このブログを始めてから今月で一年になる。考えてみるとコロナが始まらなけれはきっとブログをやってみようなどと思わなかったに違いない。

そしてこのブログを通して知り合ったたくさんの素敵なブロガーさんたちとも出会うことはなかっただろう。

コロナ禍がもたらした世界が全部悪いかと言ったらそうでもないのかもしれない。おそらくこれがあったから、立ち止まり振り返り考える時間も増えたに違いない。

楽しみにしているスポーツファン、アスリートの方々には申し訳ないが、わたし的には元々こういう国をあげて取り組むイベントには懐疑的な気持ちを持っていたので、、、しかしおそらく、そういう言葉には出さずとも複雑な思いを抱いていたひとは大勢いたように思う。

どんな時にも悲観的に捉えず、ピンチはチャンスと考えて楽観的に生きていけたらいいなぁ。

うん、そんな気分になれば、、、宿屋に泊まらなくてもライフは満タンに近づいてくれるかもしれない。


さて、今日のお昼もお弁当食べました。

なんてことないさつま揚げのきんぴらだが、これは、神奈川県の大磯にある老舗、井上蒲鉾店特製のさつま揚げさまなんです。なかなか高級なので貰い物でもない限り口にすることはない逸品なのである。すり身独特の臭み?のようなものがなく、身も柔らかくふんわりしている。この食感は味わったひとにしか分からない。

この世には美味しいモノがたくさんある。きっと一生かけても食べきれないに違いない。そんなふうに想像を膨らませてみたら、とても幸せな気分になってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました